ドージンワーク 読んだ

ドージンワーク 読んだ | 螺旋日誌

なんだかずいぶん前にオススメされたまま放置していた「ドージンワーク」を古本屋で見つけたので今更ながら購入しました。元が高いのでそう安くはなかったですね。印税入らないからごめんねヒロユキさん。

ちなみに4巻までしかなく、5巻で(一応?)完結らしいので5巻もそのうち購入予定です。Amazonで購入しました。丁度5巻が出たところで我ながら良いタイミングですね。


同人の世界はあまり、というか全く知らないのですがこの本で誤った方向へ知識が身についたように思います。そしてなぜ「みなみけ」と同じラインでオススメされるのかが解ったような気がします。笑いの次元が同じですね(少し下ネタが強いけど)。

最終巻まで読んで、作者のヒロユキ氏は心から同人活動を愛してるのだな、ということがよくわかりました。
あとオススメしてくれた某氏が好きなキャラはきっと露理だろうな、ということもわかりました。(容姿的な意味で)

コメント

タイトルとURLをコピーしました