京都/大原三千院への旅

京都/大原三千院への旅京都近いので良く行きます。最近はあまり行ってませんでしたが。
うちの大学にはそういうサークルがありましてですね。何を思ったか、若かりし頃の私はそこに入ってしまってですね。今に至るわけですが。
で、先週の日曜日も大原三千院への、まぁぷち旅行みたいなのがあり、なんか参加人数多そうなので私も気分転換を兼ねて久しぶりに行ってみることにしたんです。
聞くところによるとこの季節、紫陽花が綺麗らしいですね。大期待です。
しかし河原町からバスに揺られること40分…やってきました田舎です、大原です。
大原女の大原です。友人が「大原女まつり」を「おおはら・おんなまつり」と読み、「すごい祭りだな」と言っていたのが印象的でした。たしかにそれはすごそうだ。


SH520067.jpg
すごい投げやりな紫陽花。っていうか「紫陽花苑」とかある割にはあんまり多くなかったような気がします。っていうか、なんかちょうど紫陽花祭りとやらの初日だったらしく、採灯護摩供(さいとうごまく)といって、願い事を書いた護摩木を燃やす法要みたいなのが開催されておりました。
「年に一度のことですから…これも何かのご縁ですし」と、お坊様が熱心に勧めてきますが、願い事を書くのに一本300円です。理系男の発想と言われそうですが…学割効かんのかな。
で、その護摩供とやらの煙でかなり煙たいのです。体の悪いところが治るとおっしゃってましたが、その前にこの煙で実害を被りそうです。
SH520065.jpg
(私を探せ!Lv171)

で、道中(参道?)で見かけたこの看板。
04-06-20_13-05.jpg
アイスきゅうり、と書いてあります。非常に気になりませんか?見れば、帰り道の方々はみんな右手に割り箸に挿してあるきゅうり一本をもってます!あれがアイスきゅうりに違いない、と思いつつもなかなか売ってない。果たしてアイスきゅうりとはどんなものなのか?きゅうり好きな友人Yはもちろん、アイス好きの若い娘も興奮気味です(?)
で、無事購入することができたのですが、肝心のアイスきゅうりの写真をとり忘れました。
美味しかったですよ、ただこれはアイスの意味が、アイスクリームみたいに凍らせてるって意味じゃなくて、アイスコーヒーとかのアイスね。冷えてるきゅうり、が正解。冷えてる浅漬けのきゅうり。
一本100円だったか50円だったか。漬け物が美味い土地ですから、これも美味かったですけどね。っていうか実は私は買ってません。ごめんなさい

ブックマーク へのパーマリンク.

Tatsuya/spyral について

アラフォー雇われ機械設計技術者。 試作・工作機械・航空機・自動化ラインなど広く浅くやっております。 岡山県在住。大阪、名古屋に在住歴。 熱しやすく冷めやすい、広く浅いオタクです。 二次元ではない嫁を探しています。結婚しました。 ガジェット、カメラ、Android、プラモ(AFVほか雑食)、フィギュア造形、に興味があります。3DプリンタはZortrax M200、Photon所持していますが大抵遊ばせているのでご依頼いただけれれば出力可能。 フィギュアの造形できないけどなんとなくワンフェス・ガレキ勢。 読書目標は100冊/年。(永遠の課題)

2 Responses to 京都/大原三千院への旅

  1. さんぞ 曰く:

    >(私を探せ!Lv171)

    一番手前の右端・・・ってことはないよな。

    てか撮ってる本人じゃないのk

    煙はマディデ体に悪そうだ。。。
    蚊取り線香でさえ嫌いな俺。

  2. spyral 曰く:

    171なのでいないっていう寒いシャレでしt

    もちろん撮ってるのが私なので物理的に写れません。
    っていうか写ってたらダシマセンヨ
    友人ははるか遠くに写ってるかもしれませんが。

    蚊取り線香って最近の若い人は知らないかと思ったらそうでもないんだな…どこでもノーマットになっちゃってるしねぇ…
    金鳥の夏、日本の夏。蚊帳で寝てた頃が懐かしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください