すべてが F になる―THE PERFECT INSIDER

すべてが F になる―THE PERFECT INSIDER予告通り森博嗣氏の著書を読み始めた。もちろんデビュー作である「すべてがFになる」から。期待通り面白かったですよ。タイトルからして謎だらけ。Fとは何なのか?そして決して話の進行が重くなってしまわない個性ある登場人物達。もう10年ほど前の作品になるわけですが、何で今まで読んでなかったのかなぁ、と悔やんでしまうような。理系ミステリって言葉がぴったりですね。先日紹介した「工学部・水柿助教授の日常」を読んだ後だともっと面白い。いや、本来はこっちから読むべきなんでしょうけどね。作者は読者がここでどのような想像をするか、それをよく考えた上で嘘のない表現を適切に選び、組み上げていかなければならないんだなぁと。


「工学部・水柿助教授の日常」より次の一節を引用させて頂こう。

地の文では嘘を書いてはいけない、というミステリィの基本ルール。いったい誰が考え出したことなのか知らないけれど、気づいたときにはあった、という感じだ。たとえば、須摩子さんのことを地の文で「水柿君」と書いても、嘘ではないからOKであるが、「彼」と書いては駄目である。いくら須摩子さんが男装をしていて、周囲のみんなが男だと誤認していても、「彼」と書くことは許されない。

(ちなみに須摩子さんというのは水柿助教授の奥さんのこと)

そこで本作を一度最後まで読み通した後、もういちど改めて冒頭から読み直してみると、なるほどなるほど地の文においてウソは書かれて居ないことがわかるだろう(全て確かめたわけじゃないが)。こういった楽しみ方のできる、ミステリィというのも悪くないな、と思った今日この頃な次第である。
しかしコミック化やゲーム化までされてたんですねぇ…


Tatsuya/spyral について

ぎりぎりアラサーな雇われ機械設計技術者。工作機械・航空機搭載機器・自動化ラインなど広く浅くやっております。使用可能ツールはCATIA,Inventor,Pro/E(Creo),Femapなど。 岡山県在住。大阪、名古屋に在住歴。熱しやすく冷めやすい、広く浅いオタクです。中学の頃から中二病+PCオタクを発症したままオッサンになりました。二次元ではない嫁を探しています。 ガジェット、カメラ、Android、3Dプリンタ、フィギュア造形、に興味があります。 積ん読好きです。読書目標は100冊/年。
ブックマーク へのパーマリンク.

2 Responses to すべてが F になる―THE PERFECT INSIDER

  1. Book Baton

    ストラ氏とざっくんからBook Batonを受け取る。 ComicはBookじゃ…

  2. 螺旋日誌 曰く:

    有限と微小のパン―THE PERFECT OUTSIDER

     「すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER」をこのBlogで…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。