冷たい密室と博士たち―DOCTORS IN ISOLATED ROOM

冷たい密室と博士たち―DOCTORS IN ISOLATED ROOM森氏の第二作目。とはいえ、実は初稿が完成したのはこれが最初で、氏が描いていた5部作完結構想ではこれが一作目となる予定だったとか。読み終えて思ったのは、ちょっと癖が弱いかなぁと。「F」で感じた森氏独特の世界観というものがあまり無く、少々物足りない。でも、登場人物は細部まで細かく描写されているし、トリックそのものに何か不満があるわけではない。ただ、何かが物足りない。それだけ「F」が突出していい出来だということの現われなのかもしれないが。


Tatsuya/spyral について

ぎりぎりアラサーな雇われ機械設計技術者。工作機械・航空機搭載機器・自動化ラインなど広く浅くやっております。使用可能ツールはCATIA,Inventor,Pro/E(Creo),Femapなど。 岡山県在住。大阪、名古屋に在住歴。熱しやすく冷めやすい、広く浅いオタクです。中学の頃から中二病+PCオタクを発症したままオッサンになりました。二次元ではない嫁を探しています。 ガジェット、カメラ、Android、3Dプリンタ、フィギュア造形、に興味があります。 積ん読好きです。読書目標は100冊/年。
ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。