中国でRagnarokOnline無料化

中国でRagnarokOnline無料化・ネタ元:ネトゲ研究日誌様;「各国無料化の前兆か」

RO突撃部隊

 多くのMMORPG他オンラインゲームが基本接続料無料という方針を打ち出す中、ついに中国ではRagnarokOnlineの料金が無料となるらしい。いつなのかは原文が中国語なのでよくわからないが、「4月18日うんぬん」と読めるので今月18日からだと思われる。



 ネトゲ研究日誌様より文章を引用させて頂くと、

昨年から中国産のタイトルの殆どが無料化に移行した影響と思われる。韓国、日本の市場にも無料化の波は押し寄せており、同作品が今後も月額で運営できるのか、それともアイテム課金、はたまた複合型になるのかは市場の状況次第だろう。

とある。

 確かに今市場に溢れている韓国産タイトルのうち、多くが月額無料でアイテムなど他の形式で課金というスタイルになっており、月額料金制はもはやナンセンスと感じさせる風潮にある。月額課金制であればヘビープレイヤーもライトプレイヤーも同じだけの額を費やすことになる。一見平等にも見えるが、これではライトプレイヤーは多少なりとも不満を抱えることになるのではないだろうか。結果、ヘビープレイヤーだけが支配する空間になりかねない。

 月額料金無料であれば、週に一度しか接続しないライトプレイヤーでもたまにアイテムを購入することでヘビーに活動してみたり、好きなだけお試しプレイをした後に好みのサービスを購入したりすることができる。もちろんこのシステムにも多くの不満・問題はあるわけだが…日本国内では一世を風靡したRagnarokOnlineも、もしかすると方針転換の時期を迫られているのかもしれない。

 とはいえ、今もRO接続者数はダントツに多く、ガンホー社にとっては一番の稼ぎダネであることは間違いない。これからも同社はROには何かしら新しい要素や課金方法を取り入れていくのか、それともこのまま1500円/月の路線で次の注目タイトルまで繋ぐのか…注目したい。

#しかしヨーグルティングもECOも月額制だよな…

タグ付けされた . ブックマークする へのパーマリンク.

Tatsuya/spyral について

アラフォー雇われ機械設計技術者。試作・工作機械・航空機・自動化ラインなど広く浅くやっております。 使用可能ツールはCATIA,Inventor,Solidworks,Pro/E(Creo),Fusion360,Autocad,Micro CADAM,Femap などなど。 岡山県在住。大阪、名古屋に在住歴。 熱しやすく冷めやすい、広く浅いオタクです。 二次元ではない嫁を探しています。結婚しました。 ガジェット、カメラ、Android、プラモ(AFVほか雑食)、フィギュア造形、に興味があります。Zortrax M200所持。 フィギュアの造形できないけどなんとなくワンフェス・ガレキ勢。 読書目標は100冊/年。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。