帰ってきた(返ってきた)あいつバトン 第3話

帰ってきた(返ってきた)あいつバトン 第3話 晴稀氏から、今ではおなじみとなった「あいつバトン」を受け取る。今回で最後になるだろう、そう願いつつ、渡されたバトンには喜び勇んで答えてしまう、それがBloggerクオリティなのだ。しかし他の人の回答を見ていると部分を聞いているのに全然嫌な部分じゃNEEEEってのが多いな。って俺もだった。正直に答えたこのバトンで仲違いをしたりそれを心配するようなら「あいつ」と呼ぶ関係ではないのです。

0:あいつの名前を教えてください

晴稀。ハルキ。
本名は私と同じらしい。真面目そうで好感がもてる名前だ。

1:ぶっちゃけあいつとどーゆー関係ですか?

ROではお隣ギルドKAのメンバー、まーオフ会とかしたし準ギルメンと呼べるだろう。
それからマビノギに移行してからはギルドにずっといなかったのだが最近になって同じギルドに移籍。
話題を提供してくれる弟のような存在だ。弟という単語を使ったのは年齢的な問題であって他意はない。

2:あいつを色で例えると?

 シャンパンゴールド

3:あいつを四字熟語で例えると?

 用意周到

 マビノギのギルメンになって気付いたのだが、考えてないような顔して実は計算高い。ステータス育成の面とかね。大雑把な私にはない部分で羨ましい。

 そしてみほちんの回答とカブっていることに気付いたが、あえて修正しない。

4:あいつのいいとこひとつ教えて

 いつも結構明るいところ、なにをするにも嫌な顔一つ見せたこと無い かもしれない

5:あいつの嫌なところひとつ教えて

 計算高いがために「そううまく行くか」とツッコミたくなるところ

6:あいつに歌わせたい歌は

 「いちごGO!GO!」で

7:あいつと遊びに行くならどこ?

 日本橋オタロードでメイドカフェめぐりっていたっだろ!

8:あいつと一日入れ替われるなら何する?

 秋葉原でエロゲを買い漁る。あとメイドカフェめぐり。全てカード払いにしてやる

9:この場をかりて、言ってやりたいことがあれば一言

 記事にあるスパムコメント消して下さい><

10:あなたについて答えさせたい次に回す人、最大7人

(追記)おっと、これはカウンターじゃないことを忘れていたよ。カウンターを送るのは私でした。と、いうわけで

晴稀

Tatsuya/spyral について

ぎりぎりアラサーな雇われ機械設計技術者。工作機械・航空機搭載機器・自動化ラインなど広く浅くやっております。使用可能ツールはCATIA,Inventor,Pro/E(Creo),Femapなど。 岡山県在住。大阪、名古屋に在住歴。熱しやすく冷めやすい、広く浅いオタクです。中学の頃から中二病+PCオタクを発症したままオッサンになりました。二次元ではない嫁を探しています。 ガジェット、カメラ、Android、3Dプリンタ、フィギュア造形、に興味があります。 積ん読好きです。読書目標は100冊/年。
タグ付けされた . ブックマークする へのパーマリンク.

5 Responses to 帰ってきた(返ってきた)あいつバトン 第3話

  1. 晴稀 曰く:

    すいません、いちごGO!GO!がわかりません!
    俺ってそんなに計算高くみえるのか?
    ちょっと意外だった!
    メイドカフェ行ったことねぇんだよな・・
    ダチが1回ネタで行ったらしいのだが
    ダチ曰く「なんか敗北感に包まれた」らしい
    やっぱり1度行くしかないのか!?

  2. バトンとかをBLOGしなかった。

  3. barudon 曰く:

    消失読みました。とてもおもしろかった

    ところで長門がヒロインになってきてませんか

  4. spyral 曰く:

    >晴稀
    なんだって!そんなバカな。

     どうやら正式名称はI・CHI・GO・GO! GO!でした。大学の後輩(F君)がカラオケで歌っててびっくりしたから歌って欲しいんだ。詳細はググってくれ。

     俺もメイドカフェは行ったことがない。

  5. spyral 曰く:

    なんだと、コメントをしてるうちにコメントが!
    ていうかそれこのエントリと関係ないですやn

    >ばるどん
     消失はいいものだよ。それ以降は盛り上がりに欠ける気もしますが。陰謀はなかなか長くて読み応えがありますな。

     登場人物全員がヒロインです。表紙がそれを物語っています。妹萌えからコスプレ萌えまで全員そろえてみせるぜ。でも古泉萌えだけは勘弁な。

     ところで私は鶴屋さん萌えです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。