走行中でもTVが映るように

走行中でもTVが映るように マークⅡに改造を施すことにしました。

 運転者がナビ画面や携帯電話を注視することは法律で禁じられています。私はMP-1000J再生中のファイル名ぐらいはチラ見するでしょうが、決して走行中にDVDを見るわけではありません。

 同乗者が見る分にはOKなので、どちらにせよこのままでは不便です。


 EMVの裏から出てる線を一本アースしてやればいいだけのこと。なのですが、配線用のカプラがどこで手に入るのかわからないし、かといって今ある線をちょん切ってもアレすぎるので、オークションで適当なパーツを購入しました。(走行中にテレビが見れる云々と謳っているヤツです)

 届いたものは予想通りのカプラ延長+一本伸びたアース線でした。材料費を考えてはいけないと思います。2500円の価値は手間賃にあるのです。なぜか市販品だとン万するしね…(スイッチとかついてるみたいだけど)

 それじゃちょっと内装外しますよ…

 P1000620.jpg

 写真に撮るとホコリが酷いことがわかりますね!
 あまり気にしないでくれると嬉しいです!

 ここまでは慎重にやれば特に問題なく外れます。写真中央から垂れ下がっているハザードランプスイッチパネルなんか、ネジ止めが一箇所もなくて面白い具合に楽に外れます。しかしケーブル類を外しているときにふと思うこと…

 「これ元に戻せるんだろうか?」

 あまり深いことは考えずにやってしまう性質なので、気付かないふりをしてこのままいきます。

P1000622.jpg

 エアコン操作パネルが強敵でしたが、なんとかディスプレイ+エアコンパネル取り外しまでこぎつけました。目的の場所はこの裏です!

P1000624.jpg

 購入したパーツを取り付けて、アースをボディーの適当なところに共締めしてやれば終了。

 ちゃんと元に戻って、作業時間1時間でした。もうちょっと早くできてもよさそうなもんですが、初めての内装外し+手がゴツくて不器用なことを考えれば上出来かと思います。

 ちょっと弄ってみたら意外と面白かったので、電装関係を色々弄っていきたいですね。

 さて、次はMP-1000Jのイカした接続をしなければなりません。まぁつなげたところでプレイヤの機能自体がひどいので(以下略)。

Tatsuya/spyral について

ぎりぎりアラサーな雇われ機械設計技術者。工作機械・航空機搭載機器・自動化ラインなど広く浅くやっております。使用可能ツールはCATIA,Inventor,Pro/E(Creo),Femapなど。 岡山県在住。大阪、名古屋に在住歴。熱しやすく冷めやすい、広く浅いオタクです。中学の頃から中二病+PCオタクを発症したままオッサンになりました。二次元ではない嫁を探しています。 ガジェット、カメラ、Android、3Dプリンタ、フィギュア造形、に興味があります。 積ん読好きです。読書目標は100冊/年。
タグ付けされた , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。