四季 夏

四季 夏

四季 夏
四季 夏

posted with amazlet on 06.12.24
森 博嗣
講談社
売り上げランキング: 1932

 「すべてがFになる」の登場人物である、「天才」真賀田四季。彼女の視点からその半生を描く物語、2冊目。今までに読んだどんな物語よりも美しく、どんな伝記よりも恐ろしいものだった。


 夏。それは特別な季節でもない。ただ毎年流れていく気温の変化。本作の中ではその気温の変化だけであるはずの「夏」が感じられる。しかしそれは、キャンプをしたり、花火をしたりといった「夏」とは無縁だ。作中には花火や遊園地といった、夏を思い出させるような背景が描かれており、四季自身もそれを楽しんでいるかのようにも見える。

 しかし、四季の夏は冷たいもの…そして生暖かく終わるものであった。そこに燃え上がるほどの熱さは存在しなかったのだろう、私にはその気持ちは読み取れなかった。彼女は冷徹という概念すら理解できないというが、彼女のことを冷徹というにも言葉が追いついていないほどだ。おそらく世界中のどんな言葉を使っても、表現をすることは不可能だろう。

 「美しい」が一番しっくりくる。
 この物語…そして四季は残酷だが、美しい。

 実際の季節もまた、時に残酷だが、美しい。

Tatsuya/spyral について

ぎりぎりアラサーな雇われ機械設計技術者。工作機械・航空機搭載機器・自動化ラインなど広く浅くやっております。使用可能ツールはCATIA,Inventor,Pro/E(Creo),Femapなど。 岡山県在住。大阪、名古屋に在住歴。熱しやすく冷めやすい、広く浅いオタクです。中学の頃から中二病+PCオタクを発症したままオッサンになりました。二次元ではない嫁を探しています。 ガジェット、カメラ、Android、3Dプリンタ、フィギュア造形、に興味があります。 積ん読好きです。読書目標は100冊/年。
タグ付けされた . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。