結婚しようよ

結婚しようよ 念のため言っておくと、本のタイトルであります。

 

結婚しようよ 1 (1)
結婚しようよ 1 (1)

posted with amazlet on 06.12.26
星里 もちる
小学館
売り上げランキング: 971458

 内容はかなりコミカルではあるけども、これを読むたびに結婚って難しいモノだなぁと思う。同時にそういうことを一緒に考えられるパートナーがいるってのは、結婚するにせよしないにせよ素晴らしいことだなと。

 無性に読みたくなったので、漫画喫茶へ…行くことはせず、Amazonのマーケットプレイスで古本初購入。全六巻で590円、送料340円。近所の古本屋で正規の値段で買うよりは安いが、100円セールとかだと負けてしまうな。しかしまぁ探す手間が省けるのでアリかも。


 結婚というのは二人だけの問題なのか?家族や友人も含めて考えなければならない、みんなの問題なのか?そもそもなぜ結婚が問題なんだ?二人の幸せのための第一歩じゃないのだろうか。結婚はゴール、それともスタート?永遠の議題。

 星里氏の物語は、設定と話の流れが破天荒というかややメチャクチャな部分があるんだけど、そういう無茶苦茶がなければ語れない部分が露骨に表現されるのが良いですね。結局ハッピーエンドかよ、と結末だけを見ればそうなんだけど、ハッピーエンドになったことはそう重要じゃなく、そこに行き着くまでの過程にこそ、物語の意味ってのはあるわけで。

 何が何でも結婚まで持っていきたい人が、相手のことを思いやれる結婚の意味を見出せるようになったこと、結婚する必要性なんてないと思っていた人が、結婚っていうのも場合によっては悪くないものだと考えなおせる余裕ができたこと。

 この物語はその辺うまく捉えられるんじゃないかなぁと思うわけです。ハッピーエンドってのはオマケ。読者サービスですよね。
 

Tatsuya/spyral について

ぎりぎりアラサーな雇われ機械設計技術者。工作機械・航空機搭載機器・自動化ラインなど広く浅くやっております。使用可能ツールはCATIA,Inventor,Pro/E(Creo),Femapなど。 岡山県在住。大阪、名古屋に在住歴。熱しやすく冷めやすい、広く浅いオタクです。中学の頃から中二病+PCオタクを発症したままオッサンになりました。二次元ではない嫁を探しています。 ガジェット、カメラ、Android、3Dプリンタ、フィギュア造形、に興味があります。 積ん読好きです。読書目標は100冊/年。
タグ付けされた , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。