Thunderbirdのメール+設定をVistaへ移行

Thunderbirdのメール+設定をVistaへ移行backupfox.jpg

 メール環境さえ移行してしまえば、もう戻りたくてもなかなか戻れないもんです。

 というわけで半ば強引に、ThunderBirdの設定とメールボックスの内容を全部Vistaの方へ移動させました。これが最初どうやればいいのかわからなかったので簡単な方法でもメモしておこうかと。同一OS内で異ソフトウェア間のエクスポート/インポートはかなり楽勝なのだけれど、異OS間での同一ソフトウェアだと、なかなか面倒。一度ほかのソフトを間に噛ませるという手もある。


 今回使用したのは、BackupFoxというソフトウェア。その名の通り、FireFoxの設定やブックマークなど、一切をバックアップ&復元してくれるソフトウェア。(FireFoxは使ってないので詳細はわかりません)。ついでに、ThunderBirdのバックアップ機能も備えているので、こいつを使わせてもらう。

 操作方法の解説でもしようと思ったが、一目見ただけで解ってしまうので割愛させて頂く。Thunderbird(あるいはFirefox)の、どのプロファイル(設定ファイル)をバックアップするのか選び、”Create Backup”(バックアップを作成)するのか、”Restore profile”(バックアップしてあった設定ファイルを使って元に戻す)のか、操作を選ぶ。 バックアップ作成時は同じダイアログでバックアップファイルの保存先を選んでおく必要がある。準備ができたら、”Next”ボタンを押せば良い。

 バックアップ時には数秒~1分程度時間がかかる。メールが大量だったりすると数分かかるかもしれないが、待つのが苦痛なほどな時間にはならないだろう。

 旧OSでバックアップしたファイルを、新OSにThunderbirdをインストールした後にリストアすれば、なんとメールボックスからメールサーバの設定まで、すべてが引き継がれている。ただし新OS側(引き継ぎ側)の設定やメールボックスは消えてしまうので注意。

Tatsuya/spyral について

ぎりぎりアラサーな雇われ機械設計技術者。工作機械・航空機搭載機器・自動化ラインなど広く浅くやっております。使用可能ツールはCATIA,Inventor,Pro/E(Creo),Femapなど。 岡山県在住。大阪、名古屋に在住歴。熱しやすく冷めやすい、広く浅いオタクです。中学の頃から中二病+PCオタクを発症したままオッサンになりました。二次元ではない嫁を探しています。 ガジェット、カメラ、Android、3Dプリンタ、フィギュア造形、に興味があります。 積ん読好きです。読書目標は100冊/年。
タグ付けされた . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。