米澤 穂信: 愚者のエンドロール

米澤 穂信: 愚者のエンドロール

愚者のエンドロール (角川スニーカー文庫)
米澤 穂信
角川書店 (2002/07)
売り上げランキング: 8200

 米澤氏の「古典部シリーズ」第二弾。省エネをモットーとするホータロー君が探偵役の学園モノである。


 シリーズ前作「氷菓」は、ミステリといっても殺人事件は扱わないライトなものであったが、今回は殺人が起こる。とは言っても、劇中に登場する自主制作映画の中の話であり、実際に人が死ぬわけではない。
 本作は、ミステリという言葉が指す曖昧さ、あるいは広義っぷりを示してくれる。提示される謎の答えは果たして一つなのか?自ら視野を狭めてはいないだろうか?

Tatsuya/spyral について

ぎりぎりアラサーな雇われ機械設計技術者。工作機械・航空機搭載機器・自動化ラインなど広く浅くやっております。使用可能ツールはCATIA,Inventor,Pro/E(Creo),Femapなど。 岡山県在住。大阪、名古屋に在住歴。熱しやすく冷めやすい、広く浅いオタクです。中学の頃から中二病+PCオタクを発症したままオッサンになりました。二次元ではない嫁を探しています。 ガジェット、カメラ、Android、3Dプリンタ、フィギュア造形、に興味があります。 積ん読好きです。読書目標は100冊/年。
タグ付けされた , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。