高田 裕三:九十九眠るしずめ 明治十七年編 2

高田 裕三:九十九眠るしずめ 明治十七年編 2

 明治17年編に突入して2巻目。16年編が3巻刊行されているので、続けると5巻目である。絵とストーリーに、ますますの勢いが出てきた。少し話を広げすぎではないか、といらぬ心配をしてしまうくらい。


 幕末の混乱を生き抜いた、会津藩出身の密偵トラゲン、そしてその上司である藤田警部補。彼らは果たして何のために、誰と戦っているのか。あ、主人公は表紙の女の子です、お約束的に結構強い(妖力的な意味で)。

 ただの妖怪漫画と侮る無かれ。高田氏の描く明治の東京はなかなか趣がある。随所に「こういう時代なのか」と思わせる小ネタが満載である。

Tatsuya/spyral について

ぎりぎりアラサーな雇われ機械設計技術者。工作機械・航空機搭載機器・自動化ラインなど広く浅くやっております。使用可能ツールはCATIA,Inventor,Pro/E(Creo),Femapなど。 岡山県在住。大阪、名古屋に在住歴。熱しやすく冷めやすい、広く浅いオタクです。中学の頃から中二病+PCオタクを発症したままオッサンになりました。二次元ではない嫁を探しています。 ガジェット、カメラ、Android、3Dプリンタ、フィギュア造形、に興味があります。 積ん読好きです。読書目標は100冊/年。
タグ付けされた , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。