8月の読書メーターまとめ

8月の読書メーターまとめ8月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1286ページ
ナイス数:49ナイス

「神様のカルテ」は、図らずしてタイムリーに読めてしまったかな。
映画も観に行ってみたいものだけど、あまり期待しないでおきましょう。
夏なのに暗い話ばかりでジメジメ。
9月は残暑を吹き飛ばすような、なにか爽快なのを読みたいですね。


神様のカルテ神様のカルテ
某大賞のように作られたブームなんだろう、と思って今まで手に取らなかったことを後悔しました。確かにキャラ作りを狙った古臭い言い回しや、どこか陳腐な物語の展開など万人に受け入れられることを狙って描かれた文章をいうのを伺わせます。だがそれがきちんと体を成している作品というのは希少ないものです。つまり、この物語は良い物語でありました。話に抑揚があり、笑える小咄もあれば泣ける人もいるでしょう。決して苦しすぎず、読み終えた後さわやかな重さを残して去っていくお話でした。
読了日:08月27日 著者:夏川 草介

黄昏の囁き (講談社文庫)黄昏の囁き (講談社文庫)
ミステリーではなくホラーとしては確かに狂気じみたものを感じてゾクゾクするけれど、他の作品と比べると、肝心のオチがボケてしまっている感じがします。作中の情景全てを覆う、どんよりとした空気は独特のもの。ライトな作品に飽きた頃にまた読むことにしましょう。
読了日:08月18日 著者:綾辻 行人

QA (幻冬舎文庫)Q&A (幻冬舎文庫)
全てがQ&A形式あるいは対話形式で展開する。事件(?)に関わった様々な人の会話形式で綴られていく。その手法により素晴らしく不気味に語られる物語は、読む人をもやもやさせながらもページをめくる手が止まらない。なぜそれが起こったのかという原因ではなく、結果何が起こっているのか、の方に重きをおいたミステリかな。
読了日:08月10日 著者:恩田 陸

暗黒童話 (集英社文庫)暗黒童話 (集英社文庫)
様々な視点で語られながら、ラストへ向けて収束していく物語。そして必ず裏があると思わせながらも決してオチの予測をさせない構図。じめっとダークな雰囲気と合わせて、とても乙一氏らしい作品。気分は爽快とは決してならないけれど面白かったです。
読了日:08月06日 著者:乙一

読書メーター

Tatsuya/spyral について

ぎりぎりアラサーな雇われ機械設計技術者。工作機械・航空機搭載機器・自動化ラインなど広く浅くやっております。使用可能ツールはCATIA,Inventor,Pro/E(Creo),Femapなど。 岡山県在住。大阪、名古屋に在住歴。熱しやすく冷めやすい、広く浅いオタクです。中学の頃から中二病+PCオタクを発症したままオッサンになりました。二次元ではない嫁を探しています。 ガジェット、カメラ、Android、3Dプリンタ、フィギュア造形、に興味があります。 積ん読好きです。読書目標は100冊/年。
タグ付けされた , , , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。