b-grip EVO(ハンドストラップ)をD7000に

b-grip EVO(ハンドストラップ)をD7000にひさびさに、旅行の予定ができました。
風景を撮るのはもちろん、同行者の顔を撮るのも旅行写真としては求められていると思います。
移動中でもサッとカメラを取り出せるように持ち歩くのに、いいストラップがないかな~と探していて、見つけたのがこちら。

b-grip EVO カメラベルトホルダー 安心保証・日本語説明書付き国内正規品
b-grip EVO カメラベルトホルダー 安心保証・日本語説明書付き国内正規品

posted with amazlet at 12.12.09
b-grip
売り上げランキング: 1853
b-grip Hand Strap ビーグリップハンドストラップ(b-grip EVO専用商品)安心保証 国内正規品
b-grip Hand Strap ビーグリップハンドストラップ(b-grip EVO専用商品)安心保証 国内正規品

posted with amazlet at 12.12.09
b-grip
売り上げランキング: 1797

ちょっと無骨すぎるんですが、このストラップは上記のホルダーと組み合わせて使うことで真価を発揮します。
単体でもゴム製で滑りにくいし、デザインもまぁ、無骨なのが許せるならアリなんじゃないでしょうか。
今回はこのストラップをD7000に取り付けたのでご紹介します。

b-grip EVO (17)
パッケージはこんなのです。
左側がベルトホルダー、右側がハンドストラップです。
海外製品にしては珍しく、パッケージが開けやすかったですね。
よく見たらイタリア製でした。だからか。

b-grip EVO (2)

ベルトホルダーのほうの中身です。
専用のクイックシュー、ホルダー本体、ベルトです。
ベルトはナイロンかな?
これもかなり無骨ですが強度については信頼できそうなゴツさです。

b-grip EVO (3)

クイックリリース付のベルトホルダー部分です。
手前にリリースレバーと、さらにレバーにロックをかける機構がついてます。
普段はレバーのみ、長く写真を撮らない、あるいは脱落が不安な場所ではロック、といった運用でよさそうです。

クイックシューは特筆することもあまりありません。
ただ、軽さのためかプラスチックなので見た目がちゃっちいです。
また、DIN規格に対応しているので、規格の合う三脚などならそのまま取り付けが可能なのもうれしいところ。

私の三脚にはちょっと小さかったですが・・・これは別途アダプタを用意するしかないですね。

b-grip EVO (4)

ベルトのバックル部分です。
極めてシンプルな機構ですが、十分な実績がある方法ですね。
安心できます。

b-grip EVO (5)

ホルダーにベルトを通してみました。
ちょっとホルダーの穴に対してベルトが太いので入りづらいですが、これくらいでないと使用中に偏ってしまうのかもしれません。しかしこれだけキツいと使用中ベルトの変な方向に力が加わらないかな?とは思います。
簡単にほつれるような素材ではないですが、耐久性ばかりは使ってみないとなんとも言えませんね。

b-grip EVO (1)

さて、いよいよカメラにプレートを取り付け・・・
ではなくて、別売りのハンドストラップを購入した場合はその前にやることがあります。

b-grip EVO (6)

別売りのハンドストラップです。
2パーツから成り立ってます。ゴム製ですがしっかりした造りです。
長く使うとムレそうだから使い方は選ぶかな?

で、この左側のパーツ外観からピンと来た方は多いと思いますが・・・
(私はピンときてなかった)

b-grip EVO (7)

クイックリリースプレートの、この赤いゴムを外して・・・

b-grip EVO (8)

ぺろん。
そう、もうおわかりですね。(私は外すまで気づかなかった)

b-grip EVO (9)

ガッチリと。
代わりにストラップのパーツをはめちゃうんですねこれ!
なるほどなぁ~そうきたか。

b-grip EVO (10)

あとはちょっと解りにくいので説明書を見ながら組み立てていきましょう。
この赤いパーツを三角環に取り付けるみたいなので外さないと・・・
樹脂のネジ式なのでちょっと面倒ですが工具は要りません。

b-grip EVO (12)

外した赤いパーツをこうやって三角環に通して・・・

b-grip EVO (13)

ストラップパーツ(その2)と組み合わせてネジで締め上げればOK!
見た目は少し不安ですが、ヒモ製のストラップと変わらない程度の安心感はあります。

b-grip EVO (14)

あとは、裏面にクイックリリースプレート(ストラップパーツその1)をねじ込みます。
カメラ下面の三脚ネジに、コインなどを使用して取り付けです。
回転を防ぐように赤いゴムが入ってますが、これは振動などでネジが緩むことを防ぐために取り付けるものです。

b-grip EVO (15)

あとは、上部に取り付けたストラップパーツ(その2)とネジで合体させてやればOKです。
自分の手のサイズに合わせて幅が調整できますが、標準的な体格の人なら1~3列目でいけるのではないでしょうか。
この写真では3列目に取り付けてますが、手がそう大きめではない(身長175cm)私には少し大きかったです。
お好みですね。とはいったものの6列目とか誰が使うのだろう・・・(驚愕)

この製品気に入ってるんですが、唯一ここがどうにも格好わるい!
余ったラバーがペロペロしますしね。
あまり見えない部分ですから割り切って使いましょう。

まとめ

ベルトホルダーのクイックリリース部分についてはこれから使ってみる予定なのでなんとも言えませんが、こいつは気軽にカメラを持ち運べてシャッターチャンスを逃すことの無いガジェットとして申し分ないと思います。

(正直、厚着してるとちょっと難しそうだけど・・・)

ちなみにAmazonでは上記のようにハンドストラップとベルトホルダーを別々に売ってますが、マーケットプレイスでセット売りもしています。送料入れてもビミョ~にセットの方がお得です。

おまけ

b-grip EVO (16)

クイックリリースプレートに、収納できる足が付いてます。
ちょっとカメラを置きたい時とか、レンズが重たいと前に倒れちゃうと思いますが、
こいつをヒョイッと引き出してやるだけでかなり安定します。
このプレート部分だけでもちゃんと考えられてる優れものですね。

Tatsuya/spyral について

ぎりぎりアラサーな雇われ機械設計技術者。工作機械・航空機搭載機器・自動化ラインなど広く浅くやっております。使用可能ツールはCATIA,Inventor,Pro/E(Creo),Femapなど。 岡山県在住。大阪、名古屋に在住歴。熱しやすく冷めやすい、広く浅いオタクです。中学の頃から中二病+PCオタクを発症したままオッサンになりました。二次元ではない嫁を探しています。 ガジェット、カメラ、Android、3Dプリンタ、フィギュア造形、に興味があります。 積ん読好きです。読書目標は100冊/年。
ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。