【ネタバレ】新海誠監督「君の名は。」を観てきた。【追記】

青春劇が好きだ。
それも、見てる人が恥ずかしくて顔を背けたくなるくらいの、ベッタベタであまずっぱいやつ。酸っぱさ必須。

 今までの新海誠作品とは一線を画す宣伝告知の多さ、メディアへの露出の多さ。泣けるストーリーできっと大衆受けする恋愛もの。ちょっとファンタジーかな。そういうイメージで宣伝されているように思えた。ああ、きっとこれは「売れる」映画を作りに来たんだなと思った。

 地方のシネコンだというのに封切り日のレイトショーは7割埋まっている。客層は特に若い女性が多いよう。女性同士はまだ解るが男性同士で見に来てる高校生と思しき集団は大丈夫だろうか。裏を返せば、それだけ多くの人に浸透しているということである。

※以下、私のBlogにしてはネタバレ成分多め。
Continue reading

僕らはイタい生き物だ。(1)(2)(3)/赤井吟行 (著)


最初は表紙買いでした。表紙の子が可愛かったから。やはり表紙は重要ですね。

わざわざ感想を書くぐらいなので、おわかりかと思いますが、3巻、最終巻まで読んだ結論からいうと、可愛いだけの萌え漫画ではなかったのです。
Continue reading

【いまさら】ワンフェス2015冬【レポート】

去る2月8日(日)に開催された、ワンダーフェスティバル2015[冬]にディーラー参加してきましたので、遅くなりましたがその様子を掲載いたします。それぞれにコメントしたいことはたくさんあるのですが、今回はディーラー様紹介程度の簡単なものとさせて頂きます。

水玉螢之丞先生の追悼パネルです。歴代のワンフェスパンフレットのイラストが展示されていました。ご冥福をお祈り致します。

水玉螢之丞先生の追悼パネルです。歴代のワンフェスパンフレットのイラストが展示されていました。ご冥福をお祈り致します。


(注意:写真多いです)
Continue reading

【ネタバレ含む】「楽園追放」の魅力?わからん。

よく解らないものにハマるっておかしいでしょう常識的に考えて・・・

何故か大都会岡山では上映館がありませんでしたので、行ってきましたよ広島バルト11。

『楽園追放 -Expelled from Paradise-』

観た直後の私と友人の会話
私「うーん・・・面白かったけど、わざわざ広島くんだりまで来て観なくてもよかったかなぁ。」
友人「そうねぇ。アンジェラのお尻は良かったけど。あとは戦闘シーンもなかなか爽快かな。」
私「やっぱ尻だったな。」

その後、広島市内でお好み焼きを食べながら考えた。

(そういえば、あのシーンよくなかった?
 あの世界はあれからどうなるのだろう。
 ディーヴァもリアルワールドも綺麗な世界だったよな。
 ていうかアンジェラちゃんの尻もう一度観たい。
 くぎゅボイスも今までそこまで好きじゃなかったけど、凄くよくなかった?
 うーん、やっぱ結局キャラ萌えアニメなのか?)

あれっ?もう一度観たいというか、あの世界のことをもっと知りたいかも・・・

というわけで関連書籍を買いあさり、Blu-rayを即ポチったりして、ズブズブと沼にはまっていったのでした。

Continue reading

【ネタバレ含む】映画「インターステラー」を観てきた

ネットで予告編を観てから「これは劇場で観なくちゃならん気がするぞ」と思っていた作品です。

SF好きです。
特にこういう、近未来モノ?とでも言うのでしょうか。
スターウォーズみたいなスペース・オペラではなくて、サイエンスなファンタジーではなくて、もう少し地に足がついたような、実現可能性を見せているような、そんなSFが好きです。

あと、ディストピアです!
地球はもうだめだぁ!な時のフロンティア・スピリットというか。そういうのですね。

「インターステラー」のSFっぷりは一体どれぐらいで何がスゴイのか、SF小説とかSF映画とか大好き野郎が見るとこうなる – GIGAZINE

GIGAZINEさんの記事からも興奮っぷりが伝わってくるけれど、

知識不足状態で見ると「父と娘の愛」とか、そういう方向での理解しかできない、という残念なことになってしまい、せっかくの「2001年宇宙の旅」や「コンタクト」以来の超絶ハードモードでガチンコなSFをビジュアルとして映像化して、目の前で見せてくれるという貴重な体験のすごさが理解できないということになってしまいます。

「インターステラー」のSFっぷりは一体どれぐらいで何がスゴイのか、SF小説とかSF映画とか大好き野郎が見るとこうなる – GIGAZINEから引用

別に「父と娘の愛」方向でしか理解できなくてもいいのではないかなあと、私は思います。
ただ、その方向だけで「いい映画だったなあ」とは思えないのも確かでしょうね。
Continue reading

【イベント日記】トレジャーフェスタ in 神戸6

お誘いを受けたので(?)、トレジャーフェスタ略してトレフェスの神戸会場へ行って参りました。
トレジャーフェスタ フィギュア・ドール・GK・玩具の祭典!!
ワンフェスの時の記事では自分で「行こう」と言っていたのに忘れていました)

ワンフェスに比べると、会場の規模およびディーラー数もかなり少ないため、「これは全てのディーラーさんを紹介する記事が書けるんじゃないか?」とも考えていたのですが、自分が観て回りながら写真を撮るのがなかなか難しくて、叶いませんでした。
単純に「写真イイっすか!?イイっすか?」と言って回るのが微妙に勇気が要る、という説もあります。
いやぁ、ディーラー側にいると笑顔で「いいですよ!」という声が帰ってくるのはわかっているのですが、中でお話されてたりすごい剣幕で睨まれ・・・もとい見られているとタイミングが難しかったりします。

というわけで、全てのディーラー様を紹介できず申し訳ありませんが、2週間遅れのイベントレポート日記です。

Continue reading

乗るしかないこのビッグウェーブに/Kindleカドカワ祭り

というわけで、今日(10/7)までというもっぱらの噂ですが、Amazonでカドカワ祭りです。

カドカワ祭り

電子書籍のみならず、色々な物が安くなっているようなのですが、Kindleストアではなんと70%以上オフの作品もあったりして、これを機会に買うしかないってわけです。
どうも、楽天なんかのセールに対抗してさらに安くしたみたい。いいぞもっとやれ。
色々読みもしないのに買いたかったのですが、数が多いので観て回るだけで時間がなくなります。
埒があかないので、とりあえずエイヤっと買い込んでみました。
Continue reading

「ニッケルオデオン 青」 著/道満晴明

待ってました。

ニッケルオデオン 青 (IKKI COMIX)
道満 晴明
小学館 (2014-09-30)

ショートの名手・道満晴明が魅せる、毎回8ページの読み切り連載。

IKKI 連載作品紹介-[ニッケルオデオン]道満晴明から引用

ニッケルオデオン(nickelodeon)は20世紀初頭に現れアメリカ合衆国で流行となった、規模の小さい庶民的な映画館。(中略)
ニッケルはアメリカ英語で5セント硬貨、オデオンはギリシャ語で屋根付きの劇場の意。

ニッケルオデオン (映画館) – Wikipediaから引用

そういうことです。
道満晴明氏による珠玉の短編集、その第3集目となります。
Continue reading

ブラウン製シェーバーを新調 790cc-7-C

8年愛用してたシェーバー、ブラウンのBS8986が充電できなくなり・・・

ブラウン シェーバー 360゜コンプリート BS8985
Braun (ブラウン)
売り上げランキング: 905,026

修理するかなあ、とも考えたのですが、8年使ったのならまあそろそろ寿命とも言える。

髭が濃く、毎日使うものなので新調することにしました。
他メーカーだとPanasonicかな?とも思いましたが、無難に使い勝手が似ていて、洗浄カートリッジも使い回せる後継機種を選択。

Continue reading