2012年6月の読書メーターまとめ

6月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1544ページ
ナイス数:24ナイス

1Q84の文庫版をBOOK3まで読了。
いやほんと、村上春樹氏の著作にしては読みやすく面白いと感じました。
今までが面白くなかった、というわけではありませんが、純粋なエンタメ小説からは少し遠い感じだったと思います。
今作は続きの展開が気になり、ページをめくる勢いが止まらない作品でした。

あとは借り物ですが東野圭吾氏の本を久しぶりに。
東野氏の作品はあんまり読んでないんですよね。
その言い訳は何度か書いたかもしれませんが、無難に面白いのが当たり前すぎて食指が動かないんですよ。

しかも作品が多すぎてどこから手をつけたものだかわからない
というかどこからでもご自由にお召し上がりください状態ですもの。
本を読むときは衝動買いするか何らかのオススメを受けて、ということが多いので、そういうインパクトという意味では東野圭吾作品は弱いんですよね。
あ、今月読み終えた「使命と魂のリミット」は、いまいち盛り上がりに欠けながらも、さすがに毎ページごとに読ませる展開。一気に読み終えました。
しかし人にお勧めするほどではないかな、といった感じです。

そして今ライトミステリ(?)界を騒がせている「ビブリア古書堂」ですね。
コミカライズもされていて、メディアミックスも抜け目なく展開といったところ。
主役級のキャラクターも落ち着いた感じで好感が持て、日常系ミステリとしては会心の出来ではないでしょうか。
本が好きな人、特に古書店巡りが好きな人なんかには特に面白く写るんじゃないかな。
Continue reading

2012年5月の読書メーターまとめ

5月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2208ページ
ナイス数:24ナイス

1Q84が相変わらず面白いです。今Book3(文庫版5冊目)を読んでいます。
おそらく私では一生かけても到達できない視点から物語が紡ぎ出されていく・・・
なんだか不思議な感覚です。
あちら側。理屈が理由にならない世界。

一方で今月よく読んだミステリ数作はどちらかというと、こちら側。
理屈の通る世界、というべきでしょうか。
これもすごく楽しい。

「氷菓」は5年ぶりの再読。まさかアニメ化とは。
今書店に並んでるやつは、表紙の帯がカバー並にでっかくなってて、
一気にライトノベルっぽくなってます。

映像化は歓迎なのですが、キャラクターのイメージが固定されちゃうので
活字で読むことの楽しみが一つ、消えてしまうのが少し残念ですね。

Continue reading

2012年4月の読書メーターまとめ

4月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:975ページ
ナイス数:29ナイス

いよいよ1Q84が文庫化&毎月発売、ということでゆっくりではありますが読んでいっております。

海馬亭通信2も読みました。
かわいらしくてとても癒やされるのだけれど、ちょっとかわいらしすぎるかな。
つまり子供向けすぎて、通勤列車の中で読むのはいささか恥ずかしさを感じるのです。
いえ、誰も覗いてやしないのですけどね。

Continue reading

2012年3月の読書メーターまとめ

3月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:771ページ
ナイス数:37ナイス

3月に読んだのは、綾辻行人氏のAnotherのみ。
アニメ化されたということで平積み状態だったのを本屋でジャケ買い。
読む前には「アニメ化されるということはかなり王道なライトノベルなのかな?」と思ったけれど、少し気持ち悪いミステリー?ホラー?です。
下記の感想でも述べているけれど、「緋色の囁き」に通じるような気色悪さがありました。
そしてすばらしい(私好みの)終わり方。

以下の文章は多少のネタバレを含みます。
Continue reading

2012年2月の読書メーターまとめ

2月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1401ページ
ナイス数:33ナイス

「日だまりの彼女」を除き、短編・中編集ばかり読みました。
「日だまり~」もそんなに長いお話ではなかったし、やはり飽きやすい私には短めのお話が似合ってるみたいです。比較的短時間しかない通勤列車内で読むのがメイン、というのも理由に挙げられるのかもしれないですね。

Continue reading

デンキ街の本屋さん 1/水あさと (著)

デンキ街の本屋さん 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

オビには「マンガを愛する書店員さんたちの青春コメディ!」とあります。
青春・・・?かどうかはおいておいて、コメディなのは間違いないです。ラブ分は控えめ。

もっこりするじゃないですか

このセリフは秀逸だと思う

だいたいこういうマンガです。
(今気付いたけど表紙とオビで眉毛の太さが違う・・・!?)

Continue reading

冒険エレキテ島(1)/鶴田 謙二 (著)

最初に断っておきます。
正直、手放しで「面白い!」って言えるわけではない作品なんです。

冒険エレキテ島

「女飛行機乗り」って表現がまた。


神秘の海洋ロマン!とオビにはある。確かに。
オンボロ航空機(今のご時世こんなんで飛んでいいのかな?って思うけど)で幻の島を求めて飛び立つ女の子、みくらちゃん!
冒険エレキテ島

1ページ1枚絵でも許される描写の細かさ


髪ぼっさぼさだしパンツ一丁で電気止められちゃうし全然可愛さとは無縁です。でもカッコイイ。

Continue reading

2011年の読書メーターまとめ

2011年の読書メーター
読んだ本の数:44冊
読んだページ数:13783ページ
ナイス:307ナイス
感想・レビュー:34件
月間平均冊数:3.7冊
月間平均ページ:1149ページ

すっかり忘れてましたが年間読書のまとめをログ化しました。
感想を書いたり書かなかったりで、だいたい週1冊ペースですね。
・・・かなり鈍化しています。

このペースだと生涯であと2000冊読めれば上出来ってところでしょうか?
ショボいな!
Continue reading

12月の読書メーターまとめ

12月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:418ページ
ナイス数:4ナイス

絵本を入れて2冊とは・・・!

久々に東野圭吾を読む。やっぱりこの人の作品は外れがないですね。
これであの数書いてるんだから恐れ入ります。
外れがないってのも、当たりを引くまでの面白みに欠ける・・・
ってなことをいうと支離滅裂ですかね。
でも次に何を読むかってのはそういう当たりを引きたいなってのがあって、
全部当たりなのが目に見えて解る人の作品は後でも良いか、
なんて思っちゃいません?

「おはなしごほん」は一般流通はしていない(同人誌扱い)のだけど、装丁が綺麗で正方形の絵本というだけで所有欲を満たしてくれます。
内容はなんと言ったら良いのか。
いわゆる絵本ではないですけど、絵と文章がうまく調和してて不思議な気分。
変身 (講談社文庫)変身 (講談社文庫)
読了日:12月25日 著者:東野 圭吾
おはなしごほんおはなしごほん
読了日:12月24日 著者:北山 猛邦 片山 若子 笹井 一個 佐藤 友哉

2011年12月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター