手書きフォントの作り方

手書きフォントの作り方先日適当に作って公開した「すぱ字」ですが、これ結構簡単に作れるのです。
今回はタブレットのペンがどこにいったのかわからなくなってマウス書きになってしまいましたが、タブレットをお持ちの方ならさらに簡単に作れてしまうでしょう(当然ながら、クオリティを重視するならそれなりの時間がかかってしまうのですが)

フォント作成にはこちら武蔵システム様のTTEditというソフト(シェアウェア)を使わせて頂きます。とりあえず試用できるようなので、試してみてはいかが。
そしてこれに同じ武蔵システム様がフリーで公開している、「手書きフォントメーカー」を組み合わせて使うのです。


詳しい作り方は下記のとおり。
・TTEditと手書きフォントメーカーを起動しておきます。
(手書きフォントメーカーからTTEditを起動もできるようですが)
・手書きフォントメーカーのメニューからオプションを開き、「実行後次の文字を表示する」にチェックを入れておきます。こうするとサクサクと作業が進められます。
・手書きフォントメーカーの方に「あ」の文字のサンプルが表示されて居ると思うので、それをなぞるように(別にそのとおりに書く必要もないけれど)マウスで線を書きます。ペンの太さとかも選べるようです。
・一文字書き終わったら、「実行」ボタンを押します。CTRL+Dでショートカットキーが設定されているので、右手にマウス左手でCTRL+Dを押さえてやれば次々と書いていけます。
・実行すると、TTEditの方に今書いた文字が転送され、フォント化(の準備)ができます。
手書きフォントメーカーの方には次の文字「い」が表示されているので、次々こなしていけば良いわけです。
・全部書き終わったら、TTEditの方で「名前を付けて保存」です。
これでTrueTypeFont形式のフォントファイルができあがります。

さあみんなも手書きフォントを作ってネタにしましょう。


Tatsuya/spyral について

ぎりぎりアラサーな雇われ機械設計技術者。工作機械・航空機搭載機器・自動化ラインなど広く浅くやっております。使用可能ツールはCATIA,Inventor,Pro/E(Creo),Femapなど。 岡山県在住。大阪、名古屋に在住歴。熱しやすく冷めやすい、広く浅いオタクです。中学の頃から中二病+PCオタクを発症したままオッサンになりました。二次元ではない嫁を探しています。 ガジェット、カメラ、Android、3Dプリンタ、フィギュア造形、に興味があります。 積ん読好きです。読書目標は100冊/年。
ブックマーク へのパーマリンク.

4 Responses to 手書きフォントの作り方

  1. 手書きフォント

    「やってみたがり屋」の私です。
    今度はフォントを作っちゃいました〜
    マウスで書いたのですが、いかがでしょう?
    ヘタ字ってやつですね。

    作り方はすぱい活動日誌さ…

  2. すもも 曰く:

    はじめまして。
    こちらの記事を読み、私も手書きフォントを作ってみました。
    面白かったので、私のブログでも紹介させてもらいました。
    TBさせていただきましたが、ご迷惑だったら消してください。

  3. spyral 曰く:

    向こうでもコメントさせて頂きましたが、再び初めまして(笑)こうやってフォント結構作ってると、結構夢中になりますよね。

    迷惑だなんてとんでもない!TB&コメント大歓迎です。

    #お弁当の写真がすごく私の小腹を刺激しました。

  4. オリジナル手書きフォントの作成・販売サイト

    手書きフォントの老舗「テクノアドバンス」が
    http://www.techno-advance.co.jp/

    オリジナル手書きフォントを販売を発売しまし…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。