マビノギオープンβ終了

マビノギオープンβ終了中途半端に間をあけると、更新しづらくなる法則を発見しましたspyralです。

さて、昨日の12時でマビノギのオープンβが終了しました。明日の12時からは有料サービスとなります。課金体系はROとはちょっと異なっていて、1500円/30日と、2000円/30日の2種類のうちから選べるようになっています。

この500円の差は何なのか?これは、ゲーム内オプションサービスを3種類のうちから1つだけ選ぶか、3種類全てつけるかの違いです。お得感では2000円の方が上ですね。有料サービス登録をしてから10日間は、無料でそのサービスが受けられるそうですし…(まぁこれで2000円を選ぶのを狙っているんでしょうね)

こちらの記事を参考にするとどのようなオプションが受けられるのか解りやすいです。
Mabinogi(on):ファンタジーライフクラブの内容は?


負荷テストの時から好意的に紹介してきた(つもりの)マビノギですが、もちろん不満な点もいくらかあり、このまま有料サービスに移行されるのはちょっと不安なのですがまぁ仕方ないでしょう。もちろんROしかやったことのない私にとって、素晴らしいと思える点もいくらかあります。少しROと比較しながら紹介してみましょう。

  1. 戦闘システム
     マビノギの長所はまずこれに尽きるといっても過言ではないほど。ROのクリックだけの戦闘と比べてしまうのはあまり良くないと思いますが、アクション性や敵との駆け引きがあり、プレイヤースキル次第でキャラクターが強くも弱くもなれる戦闘システムは魅力です。
     職業というものはないので、スキルは自分が好きなものを自由に伸ばすことができます。たとえ製造系だとしても、純戦闘系とさほど戦闘力の差が生まれないと思います。装備品への依存度も低く、プレイヤースキル次第ではいくらいい装備を持っていても即死することもありえます。
     ところがパーティー戦となると、果たしてこれはパーティーを組んでいる意味があるのかと思える戦闘になってしまいます。ROで言えばヒールを主とするプリーストのような役割の人も必要ありません。職業がありませんから、それぞれの役割というものが明確ではないわけです。みんなで前衛として殴りかかるのが一般的になっていると思います。下手に後衛としてサポートしようものなら、前衛の攻撃のリズムを崩して殺してしまうことになりかねないからです。しかも攻撃力も近接攻撃の方が強めな設定になっています。
     もちろん近接にも弱点はあるので、そこをプレイヤースキルやPTの連携でサポートするべきなのですが・・・現状ではちょっと難しいですね。これからに期待。

  2. 課金体系
     一ヶ月1500円から遊ぶことが可能ですが、キャラクターを新規に作成したり、歳をとったキャラクターを転生させるのにキャラクターカード(700円or1000円)が必要になってきます。サーバーに関わらず最大キャラクター数は20人までです。職業が存在しないので、そんなにキャラクターを作成する必要もないとは思いますが。
     また、魅力的な各種オプションがついた2000円コースも用意されており、懐に余裕がある人はこちらを選んだほうが断然お得な仕様になっています。ある意味公式なRMTというか、いい金儲けの方法だと思います。(決してけなしているわけではありませんので、あしからず)

  3. 自由度など…
     マビでは街から街への移動は徒歩がメインとなります!他の移動手段「ムーンゲート」もあるのですが、周期があって必ずしも自分の目的地へ運んでくれるわけではありません。これは面倒だと思う方も多いようです(好きな場所に移動できるようにさせてくれetc…の要望はあるようです)が、私はこういう風に移動に時間が掛かった方がリアリティがあっていいと思うんです。
     ROの瞬間町移動サービスは確かに便利です。あのダンジョンに行きたいなぁって思った時、首都で買い物したいなぁって思った時、すぐに飛んでいけるわけですから(あの仕組みがどうなっているのかとか、ファンタジーの世界で考えてはだめなんでしょうね)
     しかし、同時に街から街へと歩いて行くときの「冒険」というものもなくしてしまっていると思うのですよ。だからって今のROで転送サービスをなくして、街から街へと歩いていくことを「冒険」と呼べるとは定かではないですが…
     マビノギでは、歩いているうちに日がくれ、時には朝になることもあります。仲間と道中キャンプファイアを囲んで食事をするのも面白いかもしれませんよね。「こんなマップ初めて来た」とか言いながら。そしたらクマに襲われたりして、みんなで協力して倒したり…実際にそんなことがあるとは限りませんが、楽しそうだとは思いませんか?これから釣りスキルやキャンプ設営(テントみたいなの)が実装され、ますます情緒あふれる旅というものが擬似体験できるようになるんではないでしょうか。(どうも有料オプションサービスの中に、好きな街に一瞬で飛べるアイテムが含まれるようですがね)
     欲を言えば、もうちょっとフィールドというか、マップの数を増やしてほしいなぁと。韓国で発表されているものでも今のマップから2,3増えるだけのようだし…

  4. 将来性
     すごく難しいところです。ROは言うまでも無く衰退に入っていると言って過言でないと思います。BOTを減らしたのは、癌呆から癌崩に戻れたぐらいでしょうか。実装されるマップもメインストーリーとは関係の無いローカルマップばかり。西にあるはずの王国の設定はどうなったのか…「らぐどっと」さんの常連さんを捕まえて、完全萌えドット路線で行った方がきっとウケると思いますよ。もうマップとか増やさずに、頭装備と萌え敵増やして。
     ってそんな話してんじゃないね。マビノギ、正直言うと飽きが来るポイントみたいなものが今から見えてしまっています。転生を繰り返してAPを稼いで、その先に何があるのか。スローペースで増えていくマップの中で、限界を知ってしまって飽きるんじゃないのかなぁって思っちゃいます。もっとも、私にはまだまだ出来ないことの方が多いので、そのポイントはかなり遠いと思いますが…。

  5. サポート
     うーん、どう見てもガンホー<ネクソンです。何故って、私がガンホーに幾度と要望をだしていた「公式掲示板」が当たり前のように設置されているからです。しかもWebログインすることで、アバターとして自分のキャラクターを表示することができますし、ゲーム中のギルドと連動した掲示板も使用することが出来ます。質問掲示板も設置されていて悪くない雰囲気ですし(これから有料化となればますます洗練されるものと思っています)これだけでネクソンはよくやっていると思っているのです。
     それに、チャンネルによって負荷も分散されているので、ラグなどで不快な思いをしたこともあまりありません。混雑しているチャンネルに行くと、ラグというよりPCスペック的に処理落ちすることはありますが…サーバー落ちもないようですし、安定して遊べるというのは魅力的なことです。
     ただ、いざ問題が起こったときの対応能力はどうなのか、そこはまだ体験していないのでわからないのです。ネクソンの運営の評判は必ずしもいいものではないようですし、不安な要素ではあります。しかし自分としてはまだ悪い点は見当たらないのです。ガンホーと比べてみるとむしろいい点のほうが多かったりしますからね…

そういうわけで、私はマビノギが楽しいと思うし、続けてみようと思うのです。

あとFEも気になりますよね。PC買い換えないとかなり無理っぽいですが(笑)

Tatsuya/spyral について

ぎりぎりアラサーな雇われ機械設計技術者。工作機械・航空機搭載機器・自動化ラインなど広く浅くやっております。使用可能ツールはCATIA,Inventor,Pro/E(Creo),Femapなど。 岡山県在住。大阪、名古屋に在住歴。熱しやすく冷めやすい、広く浅いオタクです。中学の頃から中二病+PCオタクを発症したままオッサンになりました。二次元ではない嫁を探しています。 ガジェット、カメラ、Android、3Dプリンタ、フィギュア造形、に興味があります。 積ん読好きです。読書目標は100冊/年。
ブックマーク へのパーマリンク.

2 Responses to マビノギオープンβ終了

  1. 19式 曰く:

    突然のコメント失礼します

    3の自由度についての解釈があまりに賛同出来たので勢いでカキコ
    そもそもゲームってのは以下に無駄を楽しむかに集約されてると思っていたり
    簡略化を繰り返せば容量を確保したファミコンのドラクエでも同じことが出来てしまうわけで
    さらに極論を言えば記号の塊だって代用出来てしまうわけで
    けどそれだとつまらない
    映像やシステムを進化させても
    如何に「楽しい無駄」を散りばめて、如何ににプレイヤーの裁量に任せるかってのが開発サイドの腕の見せ所といいますか

    書いてるうちに収集つかなくなったので
    このまま逃げます シュワッチ

  2. spyral 曰く:

    >19式さん
    初めまして。コメントありがとうございます。

    そうですねー、さっきマビで実装されたばかりの釣りシステムを楽しんでいたのですが、無駄な世間話をしながら「釣れたー」とか周りの皆さんとわいわい過ごすひと時が楽しいなぁと感じました。魚もレアアイテムも連れない「無駄」な時間だけど、楽しいですね。

    キャンプファイアや料理、裁縫…決して効率よく生きていくためには必要でないもの、それがマビの世界にはあると思います。

    #マビノギの日記がいきなりホリエモンへの文句で笑わせてもらいました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。