保険のCM

保険のCM | 螺旋日誌最近、保険のCMが増えてきたと思いません?テレビをつけてれば、見ない日はないと言うぐらい。
各社から手ごろな価格で入れるものとか、お年よりでも簡単にはいれるものとか、いろんな商品が提供されているのがわかります。
確かにこのご時世というか生活習慣で病気というものはかなり怖いものであるし、保険というのは儲かるのかな?と思うぐらいでありますが…

特にCMについて言いたい。なぜどこも、こぞって「一日あたり○○円」という表記なんだろう?
その意図が汲めないという意味ではない。一日あたり、例えば200円なら缶コーヒー2本を我慢すればいいだけだ、というお得感を演出しているのだろう。確かに月々6000円といわれるより、一日あたりのほうが安く聞こえるわな。

と、ここまで書いて気付いた。

そうか、一ヶ月は30日とは限らないんだ…と。

コメント

  1. ニーター より:

    いろいろ廻ってるうちにこのブログに辿り着きました(ぎゃは
    確かに保険のCMにはイラっとくるところがありますよね(はぁと
    これからもときどきチェックしにきます 謎

    spyralさん、(ry

  2. アミノ初段 より:

    通りすがりの者です。
    広告業界では、1ヶ月の表記については割り切っていて、どっちかに統一する事が多いのです。「1ヶ月は30日として計算しています」といった注釈さえつければ無問題です。
    『1日当り』の表記にするのは、ご推察の通り「その方が安く見える」という理由です。
    あらゆる脅迫観念に囚われている広告業界において、「こっちの方が安く見えるじゃん」といった理念はかなり強力で、絶対政権として長きに渡り業界に君臨しています。
    『1日当り』王国が倒れた所で、『1時間当り』や『1分当り』といった勢力が台頭してきたら地獄です。(笑)
    この状況に甘んじておく事が、我々にとっても幸福なのかもしれません。

  3. spyral より:

    どうも、返信が遅くなり申し訳ありません。

    >ニーターさん
    どうもありがとうございます。
    いや、別にイラつくわけじゃないんですけどね〜
    ふと気になったもので。

    >アミノ初段さん
    おお、お詳しいですね!疑問も解けました。
    ありがとうございます。
    30日という注釈をつけてまでわざわざ高く見える表記にするよりは、一日当たりで安さをグッと押し出しているわけですね。

    一分当たりとか出てきたら…
    確かに安く見えるかもしれませんが、ちょっと変わった会社だな、と思いますね(笑)

タイトルとURLをコピーしました