Movable Type 3.3(Beta1)を使う

Movable Type 3.3(Beta1)を使う | 螺旋日誌 去る6月2日にMovableType(以下MT)のver.3.3 beta1-jaがリリースされた。

本日2006年6月2日金曜日、いよいよワールドワイドでMovable Type 3.3のベータテストを開始いたします。以下のサイトは英語で書かれていますが、日本語ベータ版をダウンロードできるようになっています。ぜひ入手していただき、ご評価いただければ幸いです。

Six Apart – Movable Type News: Movable Type 3.3 ベータテスト開始 から引用

 日本語マニュアルも一応ながら6日に出たそうなので、早速インストール。とは言ってもさすがにBeta版を現行の3.2に上書きアップデートはちょっと恐いので、新規インストールにさせて頂いた。本当に不具合を発見したり要望を出すのにはメインで使ったほうがいいんだろうけど…

 テスト用blog:spyralog-mt3.3


 さて、少しではあるが、Operaからの使用感をメモ代わりに書き留めておこうと思う。

タグ機能

 実はなんだかはっきりと解ってないのだが、今流行りのような「タグ」機能が付け足された。カテゴリに似た機能だけど、カテゴリより細分化された「タグ」で関連性のあるエントリ同士を横方向へつなげることができる。前もってカテゴリの設定などは要らず、エントリの投稿時に「タグ」という欄があるのでそこへカンマ区切りで適当に放り込んでいけばいいだけ。
 
 従来の「カテゴリ」という概念を、あらかじめ色分けされたノートに書き込んでいくことに例えるならば、「タグ」は書きあがったレジュメに、その内容に応じて様々な色のついたシールで印をつけることに例えられるだろう。あくまで私がそう思っているだけで、厳密にはカテゴリでもタグと同じような使い方は可能だし、逆だってそうだ。

エントリ投稿画面

 前々からそうだったが、Operaからさらに使いづらくなっている。まず標準のままでは文字装飾のためのボタン(strongやらemやら)が働かない。改善策はそのうち挙がるだろうが、デフォルトで対応されていないとなると、Operaユーザーとしてはかなり致命的だ。さらに、前バージョンでもOperaからは使えなかった「複数のカテゴリーを指定する」機能はjavascriptの問題だろう、依然として使えない。

 本文や、追記の入力フィールドのサイズを変えることができるようになったのは良い。

 

 今回のテスト投稿では、あまり大きく変わった点を見つけることができなかった。あと変わっていた点といえば、ファイルのアップロード時のアップロード・パスの指定が微妙に変わっていたり、設定メニューがすっきりモードと詳細モードを搭載しているぐらいだろう。

 正式版あるいはバージョンアップがあった場合には追って報告したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました