本に関する、気になるサイト3件

本に関する、気になるサイト3件ほぼ、備忘録である。

漫画レビューサイト~ほんのきもち~

文庫OFF

Bibuly(ビブリー)-古本・中古本・中古書籍の物々交換サービス-

詳しいメモは以下に。


漫画レビューサイト~ほんのきもち~
これは新しい。
漫画のレビューを投稿すると、良いものならば漫画喫茶などでPOP化され使用される可能性があるらしい。

「ほんのきもち」は「まんが」のレビュー(感想文、推薦文)を自由に閲覧、投稿できるサイトです。ユーザーの皆様に投稿頂いた全てのレビューの中から、対象となる「まんが」の宣伝コンテンツとして相応しいと当社が判断したレビューは、宣伝用レビューとして採用させて頂きます。

採用させていただいた宣伝用レビューは、書棚用POP、その他の宣伝素材に加工して、全国の漫画喫茶、レンタルコミック店、ネットカフェなどに展示させて頂きます。

まんがレビューサイト~ほんのきもち~から引用

報酬は一点につき500円のQUOカードとのこと。
どうせレビュー書くならお小遣い程度でも稼げるとうれしい!?
採用されれば多少なりとも自分の文章能力に自信をつけることにも繋がるしね。
しかし「漫画」なのか「まんが」なのか統一を求めたいところだ。

文庫OFF

「文庫OFFはブックオフ(BOOK OFF)グループが運営するリユース文庫・新書専門店です」

ホーム – 「文庫OFFはブックオフ(BOOK OFF)グループが運営するリユース文庫・新書専門店です」から引用

 なんというか、title要素の使い方間違えてるんじゃないかと突っ込みたくなるぐらい長いページ名だけど、説明する手間が省けていい。
 文庫本と新書専門のブックオフ、しかも1500円以上なら送料無料だと。

 なんでこの手の通販サイトはAmazonと構造が酷似しているのかにも突っ込みたいところだけど(ex.古本市場)、使いやすいのはいいことですな。文庫も安いし、これは送料がかかってしまうAmazonのマーケットプレイスは分が悪いなぁ。

 でもそもそも文庫本くらいの値段なら新品買った方が精神衛生上いい気もしている。何か大量に文庫本を仕入れたくなったときには使わせてもらおう。

Bibuly(ビブリー)-古本・中古本・中古書籍の物々交換サービス-

 これはそのうち出てくるだろうとは思っていた。しかしビジネスとして成立するのかしら。まぁ私が心配することではないし、実際にローンチしているからには策があるのだろう。いわゆる広告モデルなのかしら。

Bibuly(ビブリー)は本の物々交換サービスです

あなたが読み終わって不要になった本を、必要としている人がどこかにいます。Bibuly(ビブリー)は本を交換したい人たちの出会いの場です。持っている本をどんどん登録して交換し合い、本を有効活用しましょう!

ビブリーとは | Bibuly(ビブリー)-古本・中古本・中古書籍の物々交換サービス-から引用

 うむ、すばらしい。図書館という施設を抜きにすれば、実に資源に優しい仕組みといえる。その面では古本屋でもいいのだが、当然ながら買値と売値の差が発生するので、本の価格が同じでも1:1の交換というのはまずあり得ない。(人気の本と投げ売りの本なら可能だとは思うが)

 その点がこのBiblyならば解消されるのだが、実際の交換手順はどうなるのだろうか。説明を読んでみると、どうもオークションのように完全に1:1の取引になるようだ。そうなると個々人としては個人情報を晒すことや詐欺のリスクが高まってしまうのではないだろうか。

 ただ、かなり魅力的なサービスなのは間違いない。

古本屋で売っても、別の古本を購入することができる金額にはなかなかならない場合も多いでしょうから、本好きにとっては良いサービスかもしれません。一冊の本が、次々と別の本に交換されていく可能性がある訳です。

将来的には本だけでなく、ゲーム、CD、DVDの交換もできるようになるということです。

[N] 古本の物々交換サービス「ビブリー」から引用

 うーん、ネットワークわらしべ長者的な?一冊の本がどんどん姿を変える、という発想は面白いですね。ライバルはやはり図書館だけど(笑)

Tatsuya/spyral について

ぎりぎりアラサーな雇われ機械設計技術者。工作機械・航空機搭載機器・自動化ラインなど広く浅くやっております。使用可能ツールはCATIA,Inventor,Pro/E(Creo),Femapなど。 岡山県在住。大阪、名古屋に在住歴。熱しやすく冷めやすい、広く浅いオタクです。中学の頃から中二病+PCオタクを発症したままオッサンになりました。二次元ではない嫁を探しています。 ガジェット、カメラ、Android、3Dプリンタ、フィギュア造形、に興味があります。 積ん読好きです。読書目標は100冊/年。
タグ付けされた , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。