米澤穂信:秋季限定栗きんとん事件(上)(下)

:秋季限定栗きんとん事件(上)(下)

秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)
米澤 穂信
東京創元社
売り上げランキング: 404
秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)
米澤 穂信
東京創元社
売り上げランキング: 184

「小市民」シリーズ3作目にして初の上下巻。そして個人的には最も面白かった。今回も「春期限定~」のような連作短編ではなく、「夏期限定」と同じような長編となっている。

今回は小鳩君視点だけではなく、もう一人の男子生徒の視点からも物語が綴られることとなる。「小市民」でありたい小鳩君と、「小市民」から脱したい瓜野君。どっちも真剣なんだけど空回りしちゃうって点でそっくりさん。そしてどちらも結局は小佐内さんに振り回されちゃってるから笑える。
普通なようで普通じゃない二人の高校生が、つかず離れずのうちにたどり着く結論とは。小佐内さんはいったい何を企んでいるのだろう?ポップな文体も相まって、次々へと読み進められる素敵な作品。是非一度手にとって頂きたい。

Tatsuya/spyral について

ぎりぎりアラサーな雇われ機械設計技術者。工作機械・航空機搭載機器・自動化ラインなど広く浅くやっております。使用可能ツールはCATIA,Inventor,Pro/E(Creo),Femapなど。 岡山県在住。大阪、名古屋に在住歴。熱しやすく冷めやすい、広く浅いオタクです。中学の頃から中二病+PCオタクを発症したままオッサンになりました。二次元ではない嫁を探しています。 ガジェット、カメラ、Android、3Dプリンタ、フィギュア造形、に興味があります。 積ん読好きです。読書目標は100冊/年。
タグ付けされた . ブックマークする へのパーマリンク.

One Response to 米澤穂信:秋季限定栗きんとん事件(上)(下)

  1. ピンバック:2009年面白かった本3編 | 螺旋日誌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。