2009年の読書メーターまとめ

2009年の読書メーターまとめ単にメモ的なまとめ記事なのでmixiとTweetはしない。しかし29冊/9674ページとは我ながら・・・
ってあれ、なぜTweetされたし。。。まあいいや


2009年の読書メーター
読んだ本の数:29冊
読んだページ数:9674ページ

捩れ屋敷の利鈍―The Riddle in Torsional Nest (講談社文庫)捩れ屋敷の利鈍―The Riddle in Torsional Nest (講談社文庫)
読了日:12月26日 著者:森 博嗣
六人の超音波科学者―Six Supersonic Scientists (講談社文庫)六人の超音波科学者―Six Supersonic Scientists (講談社文庫)
読了日:12月26日 著者:森 博嗣
「萠え」の起源 (PHP新書 628)「萠え」の起源 (PHP新書 628)
読了日:11月20日 著者:鳴海 丈
恋恋蓮歩の演習―A Sea of Deceits (講談社文庫)恋恋蓮歩の演習―A Sea of Deceits (講談社文庫)
読了日:10月30日 著者:森 博嗣
魔剣天翔―Cockpit on Knife Edge (講談社文庫)魔剣天翔―Cockpit on Knife Edge (講談社文庫)
読了日:10月30日 著者:森 博嗣
夢・出逢い・魔性―You May Die in My Show (講談社文庫)夢・出逢い・魔性―You May Die in My Show (講談社文庫)
読了日:10月30日 著者:森 博嗣
月は幽咽のデバイス (講談社文庫)月は幽咽のデバイス (講談社文庫)
読了日:10月01日 著者:森 博嗣
人形式モナリザ―Shape of Things Human (講談社文庫)人形式モナリザ―Shape of Things Human (講談社文庫)
読了日:09月20日 著者:森 博嗣
とある飛空士への恋歌 2 (ガガガ文庫)とある飛空士への恋歌 2 (ガガガ文庫)
読了日:09月20日 著者:犬村 小六
レタス・フライ (講談社文庫)レタス・フライ (講談社文庫)
読了日:09月18日 著者:森 博嗣
探偵伯爵と僕―His name is Earl (講談社文庫 も 28-38)探偵伯爵と僕―His name is Earl (講談社文庫 も 28-38)
読了日:09月13日 著者:森 博嗣
サマーウォーズ (角川文庫 い)サマーウォーズ (角川文庫 い)
映画は未鑑賞。物語としてはあらすじからの想像通りの王道。親戚一同のキャラ付けがちょっと弱い気も。これを2時間の映画に仕立て上げられるのが信じられない。
読了日:08月30日 著者:岩井 恭平
ハローサマー、グッドバイ (河出文庫)ハローサマー、グッドバイ (河出文庫)
夏なので再読。今回はリボンを注意深く追ってみた。確かに人間としてはリボンのほうが「普通」なのかもしれない。惹かれる方が多いのも納得。一方ウルフの評価は変わらず氷結野郎でいい。
読了日:08月16日 著者:マイクル・コーニイ
宵山万華鏡宵山万華鏡
前作よりは面白い。テイストは「きつねのはなし」に近い、どこか不気味な連作短編集。宵山の雰囲気を味わってないとなかなか没入するのは難しいのではないかと思うけど、逆にこれを機会に宵山見物に出かけるのもオツなものかもしれません。
読了日:08月16日 著者:森見登美彦
STUDY HACKS!STUDY HACKS!
読了日:05月22日 著者:小山 龍介
珈琲屋の人々珈琲屋の人々
読了日:03月31日 著者:池永 陽
とある飛空士への恋歌 (ガガガ文庫)とある飛空士への恋歌 (ガガガ文庫)
読了日:03月29日 著者:犬村 小六
裁判長!ここは懲役4年でどうすか (文春文庫)裁判長!ここは懲役4年でどうすか (文春文庫)
筆者の主観丸出しの感想が下品に垂れ流されている上に文体も綺麗じゃないので読む人を選ぶか。しかし裁判を身近な物として捉えるにはいい読み物かもしれない。きれい事を言っても実際裁判を傍聴して考えるのはこんな事だろうし。
読了日:03月28日 著者:北尾 トロ
恋文の技術恋文の技術
悪くはないけど今ひとつテンションが上がらなかったのは書簡体小説という体裁のせいだけだろうか。ううむ。だが一方で手紙は書きたくなったので不思議な一冊ではある。
読了日:03月28日 著者:森見 登美彦
秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)
下巻では、二人が互いに交わらないまま本気モードへと突入。栗きんとんはそういうことか!最高の見所は最後の小佐内さんの一言(ネタばらし)。
読了日:03月22日 著者:米澤 穂信
秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)
小佐内さんなら、わからない。果たして栗きんとんは事件に絡んでくるのか!?下巻に続く
読了日:03月22日 著者:米澤 穂信
別冊 図書館戦争〈2〉別冊 図書館戦争〈2〉
最後の陰陽のコントラストが素晴らしい。甘い。
読了日:03月17日 著者:有川 浩
陽気なギャングが地球を回す (ノン・ノベル)陽気なギャングが地球を回す (ノン・ノベル)
間違いなく面白い仕掛けがあるんだろうな、ということが予想通り
読了日:03月15日 著者:伊坂 幸太郎
熊の場所熊の場所
舞城成分は薄め?短編集だしとっつきやすい。突飛なのには違いがないけれど
読了日:03月08日 著者:舞城 王太郎
ディスコ探偵水曜日 下 (2)ディスコ探偵水曜日 下 (2)
文字通り次元を超える展開。 これはもうミステリとかそういう枠組み、ジャンルで捉えちゃだめなんだと、上巻から薄々感じていたことではあるけど改めて思う。
読了日:03月04日 著者:舞城 王太郎
ディスコ探偵水曜日〈上〉ディスコ探偵水曜日〈上〉
相変わらず重いんだか軽いんだかわからん。読みにくいけど最後まで読んでしまいそうなこの流れは何だ。どうやって終わらせるんだ。
読了日:03月01日 著者:舞城 王太郎
少女ノイズ少女ノイズ
読了日:02月27日 著者:三雲 岳斗
儚い羊たちの祝宴儚い羊たちの祝宴
読了日:02月21日 著者:米澤 穂信
宇宙旅行はエレベーターで宇宙旅行はエレベーターで
読了日:02月16日 著者:ブラッドリー C エドワーズ,フィリップ レーガン

読書メーター

Tatsuya/spyral について

ぎりぎりアラサーな雇われ機械設計技術者。工作機械・航空機搭載機器・自動化ラインなど広く浅くやっております。使用可能ツールはCATIA,Inventor,Pro/E(Creo),Femapなど。 岡山県在住。大阪、名古屋に在住歴。熱しやすく冷めやすい、広く浅いオタクです。中学の頃から中二病+PCオタクを発症したままオッサンになりました。二次元ではない嫁を探しています。 ガジェット、カメラ、Android、3Dプリンタ、フィギュア造形、に興味があります。 積ん読好きです。読書目標は100冊/年。
ブックマーク へのパーマリンク.

One Response to 2009年の読書メーターまとめ

  1. ピンバック:spyral

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。