2012年11月の読書まとめ

2012年11月の読書まとめ2012年11月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1979ページ
ナイス数:34ナイス

実家に転がっていたので読んでみたのはいいが、どうも一度読了していたらしい。再読。途中まで読んだ記憶があったが、最後のあたりはあいまいだったので楽しく読めた。日本人のことが(時には悪いイメージからの)ジョークになっていたとしても、なんだか知られてるってだけでうれしくなる。こういうのもきっと国民性なんだろうね。
読了日:11月23日

Gシリーズ2作目は一日で読んでしまいました。これは久々に引き込まれる感じがしましたね。それにしても正直なところ、おかしいと思うのです。
というのも、前作の時にも感想に書きましたが、今回もそこまで巧いストーリィじゃない。むしろ陳腐とすら感じるのです。
それなのになぜここまで引き込まれるのか?おそらく登場人物を含め、その「場」の描写が巧く、あたかも実際にあったことのような感覚に囚われるからなのでしょう。この状態は中毒と言って差し支えないかもしれません。久々に森作品を再開して、中毒性がさらに増しているようにも感じます。
読了日:11月19日

ようやくGシリーズを読み始めるのはファンとして失格でしょうか?物事にはタイミングがあるのだ。と自分を納得させて読んでみます。 久々に森先生の作品を読んでみて気づいたのですが、どうも他の作家の作品と比べて速く読める気がします。安心感のある文章、波長が合うとでもいうのでしょうか。 ミステリと言うにはちょっとどうかな?と思う理不尽ストーリィですが、それを感じさせない萌絵やらシリーズ新キャラたちの魅力で押し切っています。それが本作を含む全シリーズの面白さだと思います。
読了日:11月19日

世界線の数だけ物語が紡がれる・・・。ってさすがに紡ぎすぎのような気がしますが、公式の続編ということなので期待して読んでみました。ちょっと値段の割にボリュームが少なく読み応えがないですね。ラボメン達の活躍をもう一度見たいファンにはたぎる展開となっていると思います。
読了日:11月11日

すごく青臭い、もちろん良い意味で。 高校生。 仲間が居て部活があって。 女の子がいて学園祭がある。 そうした記号の集合体で、ライトノベルっぽくもなってしまいがちな作品ではあるが、妙な設定のキャラクターに頼ることなく最後まで駆け抜けている。逆に言うと少し登場人物の書き分けが甘く、それぞれの行動の動機付けが弱いように感じた。しかし細かいことはどうでもいいと思えるほどスカッとする作品。楽しいね。
読了日:11月11日

おそらく東野氏が普段言葉にできない思惑も反映されているのではないかなー、と思える、小説出版業界のブラックな笑いを誘う風刺小説。これが面白い。ともすれば内輪話っぽくなってしまいそうなネタですが、ちゃんと誰が読んでも楽しめるように書いてある短編12編+おまけ。さすがです。
読了日:11月4日

冬が来たけど3度目の再読。この本を夏に読まなくてどうするんですか!とはいえ実は夏からじわじわ気候の変化に合わせて寒くなるこの時期に読み終えたというわけです。今回は作中に出てくる家族について考えながら読み進めました。どの家族も、なんだか父親が報われないな・・・
読了日:11月3日

Tatsuya/spyral について

ぎりぎりアラサーな雇われ機械設計技術者。工作機械・航空機搭載機器・自動化ラインなど広く浅くやっております。使用可能ツールはCATIA,Inventor,Pro/E(Creo),Femapなど。 岡山県在住。大阪、名古屋に在住歴。熱しやすく冷めやすい、広く浅いオタクです。中学の頃から中二病+PCオタクを発症したままオッサンになりました。二次元ではない嫁を探しています。 ガジェット、カメラ、Android、3Dプリンタ、フィギュア造形、に興味があります。 積ん読好きです。読書目標は100冊/年。
タグ付けされた , , , , , , , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。