ミステリィ

ミステリィ | 螺旋日誌森博嗣なんて読んだ事なかったんですが、なんで彼の作品の中でも(おそらく)異質なこの本を手に取る流れになったか。先日実家に戻ってきたわけですが、バスは渋滞するだろうなーと思って鈍行列車をセレクト(値段はそう変わらない)し、暇だからちょっと本でも一冊読もうかな、と書店に立ち寄ったわけです。そこで、最初に手にした本がこれだったと。それだけです。
で、読んでみると小説?っていうよりエッセイに近いわけだが(作中で何度も「これは小説である」と念を押すように触れられているのもおもしろい)なんだか面白いっていうより妙に私の肌に合うというか。面白おかしく、かつ理系の大学生にとっては役立ち情報もあったりしつつ、妙に惹きつけられる文体…こういう文章の書き方をひとつの私の目標にしたい、そう思える作品。他の作品も読んでみようと思います。
水柿先生のような教授がうちにいればなあ…!

コメント

タイトルとURLをコピーしました