冷たい密室と博士たち―DOCTORS IN ISOLATED ROOM

冷たい密室と博士たち―DOCTORS IN ISOLATED ROOM | 螺旋日誌森氏の第二作目。とはいえ、実は初稿が完成したのはこれが最初で、氏が描いていた5部作完結構想ではこれが一作目となる予定だったとか。読み終えて思ったのは、ちょっと癖が弱いかなぁと。「F」で感じた森氏独特の世界観というものがあまり無く、少々物足りない。でも、登場人物は細部まで細かく描写されているし、トリックそのものに何か不満があるわけではない。ただ、何かが物足りない。それだけ「F」が突出していい出来だということの現われなのかもしれないが。


コメント

タイトルとURLをコピーしました