Opera 9.0 リリース

Opera 9.0 リリース | 螺旋日誌

Opera Softwareは米国時間6月20日、人気の高い同社のブラウザに数点の機能改良を加えた最新バージョン「Opera 9」をリリースした。

オペラ、「Opera 9」をリリース – CNET Japan から引用

 ということで、早速インストールしてみる。BitTorrentやらウィジットウィジェットやらが搭載されているが、弄り倒す暇はなくてまだ恩恵は感じられていない。


 今Operaを使って本エントリを書いているが、目に付く限りで新しい機能がタブにマウスカーソルを持っていくとそのページのサムネイルを表示する機能だ。今まで無くてもなんとかなってきたのだから、要らないような機能と感じるかもしれないが、あれば便利だと思う。しかし表示されるまでに数秒かかるので、それならいっそ切り替えてしまえばいいのでは、とも思う。設定で変えられるんだろうか。

 しかし、主に読んでいるWebサイトの更新をRSSリーダーでチェックしている今、私にとってのブラウザ単体での需要が曖昧になっていると言わざるを得ない。もちろんOpera標準でもRSSフィードは拾ってこれるのだが…。livedoor Readerか何かに乗り換えようか。

6/22 22:28 修正:本文中「ウィジット」は「ウィジェット」の誤り。

コメント

  1. 広い米国や人気とか言ったよ
    spyralたちが、米国で大きい人気と同社と、同社とか同社とかをBLOGしなかった。

  2. junk より:

    同じく9にしたよー。
    β使ってたのでウィジェットがどっち寄りで実装されるか?と思ったけどガックリな方だった。
    画面で画像を保存ってするとダウンロード扱いになるようになった。
    しかも、ウィジェットはいいのが無いなぁ・・・。
    個人的には機能が増える事で重くなるのはNGだなっと思っている。

  3. spyral より:

    >じゃんくん
    こうじゃないウィジェットの方向性もあったのか・・・!
    ちょろーっと「追加」で見てみたけど、確かにあんまり面白そうなのが無かったなぁ。テトリスをウィジェットにする意味がよくわからン。

    カラーピッカーみたいのがあったから便利かもと思ったけど、これもブラウザから呼べるだけでウィジェットと呼んでるだけであまり恩恵があるわけじゃないよなぁ。

  4. junk より:

    最初のウィジェットの実装では、画面の中央上にOPERAっていうタグが出てて、そこ押すと画面全体が黒反転(?)してウィジェットだけが表示されるカンジだったんだ。今はブラウザと同じで1つのタスク扱いになってるけど、VISTAがウィジェット採用するからその内全然使われなくなる予感。
    あと9はJAVAScriptとキャッシュにバグ在りそう。
    キャッシュは特定環境で、FRAME判定がFRAME非対応ってなるっぽい。
    もう少しバージョン踏まないと安定しないかもかも。。

  5. spyral より:

    >画面全体が黒反転(?)してウィジェットだけが表示されるカンジ
    なんか今流行りのあんなカンジかー!!

    >VISTAがウィジェット採用するからその内全然使われなくなる
    VISTAって胸キュン?

タイトルとURLをコピーしました