安田 佳生:千円札は拾うな。

安田 佳生:千円札は拾うな。 | 螺旋日誌

千円札は拾うな。
千円札は拾うな。

posted with amazlet on 07.12.07
安田 佳生
サンマーク出版 (2006/01/20)
売り上げランキング: 1227
おすすめ度の平均: 3.5

3 我田引水に成功!
4 ビジネスの意識改革を
1 裸の王様

 本書は「千円を拾うことに千円以上の労力を使うから損である」ということを伝えているわけではない。
 千円札を拾うということは、足元の小さな利益しか見えていないということだと、比喩しているわけだ。残業をして目先の給料を増やすよりは、もっと長い目でみて自己への投資をすることが結果的に給料の増額へと繋がる。
 今までのものをどれだけ捨てることができるかでそれからの自分の価値はいくらでも伸び代ができるだろう。
 皆さんご存じのように、それを実践することはなかなか簡単なことではない。しかし本書を読むことで、少しでもその実現に向けての心構えができるのではないかと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました