桜庭一樹:砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

桜庭一樹:砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない | 螺旋日誌

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet
桜庭 一樹
富士見書房
売り上げランキング: 43266

 この物語は…正直かなり怖いしイッちゃってる。当初、少年少女向けの富士見ミステリー文庫から刊行されたとのことだが、少年少女向けでも無いし、ましてミステリではないと思う。


 最初にタイトルを考えてから書き出したのでは?と思われるほど、「砂糖菓子の弾丸」は無理に引っ張り込まれているような印象を受ける。話の流れも唐突すぎて置いてきぼりの感が否めない。
 それでいて嫌な感じは受けないのが不思議で、そこが桜庭一樹の作り上げるキャラクターによって構成される雰囲気の強みというのであろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました