森見 登美彦:きつねのはなし

森見 登美彦:きつねのはなし | 螺旋日誌

きつねのはなし
きつねのはなし

posted with amazlet at 08.12.15
森見 登美彦
新潮社
売り上げランキング: 88063

 いつもの森見氏の作風が「京都の陽」であるならば、この作品は「京都の陰」と呼べるだろう。他の作品のような堕落した京大生もでてこなければ、笑えるエピソードも存在しない。京都を舞台とした妖しい物語集である。
 短編集ではあるが、どの作品も深く京都を感じることができるし、かついつもと違った切り口で語られる森見氏の世界を堪能できる。
 もう過ぎ去ってしまったが、夏におすすめの一冊であった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました