第11講 つれてけミント君

第11講 つれてけミント君 | 螺旋日誌
第11講 つれてけミント君

最初は臆病で家から出る事すら嫌っていたミント君も、
今では自分から散歩につれてけとせがむほどの散歩好き。
誰かが不用意に「行こうか」と言ったならばもう大変。
ミント君はそれが自分に向けて発せられたものだと思いこんで、
早く早く、誰が散歩に連れて行ってくれるのと言わんばかりに
あっちへこっちへ落ちつきません。
そしてそんな彼を見かねて誰かが散歩用のひもを持ち出したなら
彼はいちもくさんに玄関へ。
そしてきちんとお座りをして、ひもをつけてもらうのを待っているのです。
たまに勢い余って、玄関のドアまで先にいってしまうこともありますが・・・・・

やっぱりミント君はラブリー。帰省しても暇だから思いっきり遊んでやろう。

第11講 終了

コメント

タイトルとURLをコピーしました