ブラックジャックを観る

ブラックジャックを観るフライさんのBlogで紹介されてなかったら多分見逃してたかも?
今週の月曜日(11日)からブラックジャックのアニメが放映されてますね。
CMでも良くやってたので気にはなっていたのですが、ブラックジャックが初の連続アニメ化です。考えてみれば何故今までアニメ化されなかったのかが不思議といえば不思議。
リアル描写の多い手塚治虫氏の漫画の中でも、手術シーンなどで一部地上波放送には適してないシーンがあったかもしれませんね。その辺も上手く考えて、今回はアニメ化しているということでしょうか。ピノコなんて第一話から普通に女の子の助手として出てきましたが、あの体で「18歳なのよさ」って言ってるのとか、なんで助手してるのかとか、あるいはブラックジャック本人の顔の傷はなんなのかとか、原作を一度も読んだことないとさっぱり解らないでしょうね。フライさんも仰ってるように、小学校の図書館にも置いてあるので読んだ事ある人の方が多いとは思いますが。もしかしたらアニメでもこの後のお話で明らかにされるのかもしれませんね。久々に何か決まって番組を見ようという気になりました。
それにしてもブラックジャック先生、ちょっと顔色が良くなったんじゃないですか?昔は傷から上の部分が青ざめていたような気がするんですが…


ブラックジャックに触れるのはほんと久々なのですが、アニメでも面白いですねー。
最初にBJを呼んだのは、私の場合は学校の図書館じゃなくて確か小学生の頃通ってた硬筆(習字)の教室だったような気がします。実はこう見えても有段者なんですよ、今となっては字めちゃくちゃですが(ノ∀`)
今思えばあの先生は字も上手かったけど尊敬もできる方で、なんていうのかな、堅苦しい教育じゃなくてのびのびと自宅の一室で字を教えてるだけだったんですね。地元なので小学校の友達も大勢来てましたしね。そういう教育方針なので、漫画も置いてあったりするんですが、何故かというか当然のように手塚治虫氏の漫画ばっかりなのね。「三つ目がとおる」やら「アドルフに告ぐ」やら。その中にブラックジャックもあったわけですが、やっぱり一番面白かったのはブラックジャックですね。
他の漫画はあまり内容を覚えてないのですが、ブラックジャックだけは何故か心に強く焼き付いています。まだ二十そこらの私が言うのも可笑しな話ですが、こうしてアニメで見てみると懐かしいなぁと。もう一度読みたくなりました。

#余談ですが、アニメ版ブラックジャックのED曲は大塚愛が歌ってるらしいです。で、その曲のタイトルなんですが…「黒毛和牛上塩タン焼680円」って…オイオイ。ブラックジャックと塩タンは死ぬほどそぐわない。まぁ最近はアニメに合わせた曲作りって方が珍しくはなってますよね。ヒーローの名前を連呼するだけの歌の時代はもう終わったのです。しかし牛タン焼はないだろう牛タン焼は。いやそのセンスも含めて大塚愛好きなので別にいいんですが、何故ブラックジャックのEDに持ってきちゃったのかと。外科医の話だぞ!
この前EDあまり良く聞いてなかったんですが、来週はそのつもりで聞いてみようと思います。

BlackJack.jpg

Adolf.jpg

mitsume.jpg

LOVEPUNCH.jpg

Tatsuya/spyral について

ぎりぎりアラサーな雇われ機械設計技術者。工作機械・航空機搭載機器・自動化ラインなど広く浅くやっております。使用可能ツールはCATIA,Inventor,Pro/E(Creo),Femapなど。 岡山県在住。大阪、名古屋に在住歴。熱しやすく冷めやすい、広く浅いオタクです。中学の頃から中二病+PCオタクを発症したままオッサンになりました。二次元ではない嫁を探しています。 ガジェット、カメラ、Android、3Dプリンタ、フィギュア造形、に興味があります。 積ん読好きです。読書目標は100冊/年。
ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。