祖母の天寿(改題)

祖母が亡くなった。
享年なんと101歳(数え年)である。

本記事のタイトルは父の時に合わせて英語でつけてみたが、大二病だったころの自分がくすぐったい。しかしながら、久々に自分が当時書いた気分を読んで、ああ、やはり気持ちをその場で書きなぐっておくのも大事だなと思った次第。

祖母は、1月には満100歳を迎えた。
市長をはじめ、県知事や内閣総理大臣より祝いの品をいただき、近所の皆さんからも「すごいね、この町内だと初じゃな」と声をかけられることが多くあったのが本当に先月の話なのだ。それからしばらくして寝たきりになってしまい、本格的な介護がいよいよ始まったぞと思っていた、矢先のことである。
あれよあれよと口にするものも少なくなり、寝ているばかりになり。

ああ、いよいよかと。
人が枯れていくというのはこういうことなのだと、まざまざと見せつけられた。
Continue reading

あけましておめでとうございます(2020)

新年、おめでとうございます。
昨年は子供も産まれ、仕事でも責任が増したけど給与はそのままだったりで公私共激動の一年となりました。
本年も私ともども当ブログをよろしくお願いいたします。

とはいえ、ブログという個人メディアも廃れて久しいですよね。Twitterなどの短文投稿サイトで、文章を画像化したものがバズっているのを見たりするに、とても切ない気分になったりもするのですが。まあ、これも一つの老いというか、老害化なのかもしれませんので自分が柔軟になるべきなのだと思いますん。
Continue reading

2018-2019 雑記

2018/9/24 (月祝)

昔、何でも無いようなことをこのBlogに書いては自己満足に浸っていた。
確か当時は「雑記」と名前を付けていたと思うが、最近ではそのようなとりとめの無い、そういったものはTwitter上ですべて一時の感情として吐き出してしまい、こうしてわざわざ編集画面を開いては、キーボードでぽちぽち打つことは少なくなってしまった。それの善し悪しはよく解らないが、ただ事実として短文が流行っているというタイミングと、自分の生活がガラリと変わってしまい自分の気持ちを表現する機会が少なくなってしまったタイミングが重なってしまった結果なのだろうと思う。

結婚して8か月ほどが経過した。
同棲期間もなく突然暮らし始めた二人であったので、どうなることだろうと私も彼女も、そしてお互いの親も思っていた事だろうが、幸いにして二人とも良い歳なので大きな喧嘩をすることもなく、平穏無事に過ごしている。
とても幸せなことだと思っている。

下書きにとどめておく。


Continue reading

4Kカメラを買った話。(Panasonic VX990M)

突然ですが、このたび子供が産まれることになりました。

そこでビデオカメラを新調しようと考えたわけです。
新調とはいえ、いわゆるハンディカメラを買うのは初めてです。

[rakuten no=”4549980054079″ kw=”Panasonic デジタル4Kビデオカメラ HC-VZX990M-W”]

 そもそも写真を撮るのは大好きな方でして、なんてことのない毎日でも、呑み会でも、単なる風景でも、できるだけ記録しておこうとしています。私の場合、単純に記録の意味合いが強くて、そういう意味で写真家というのは全く違うのだろうと思って居ます。一眼レフを買った頃は写真家気取りでいろんなものを撮りに出かけたものでしたけれど、スマートフォンとクラウドストレージが一般的になってからは、大きな機材を持ち出すこと無く、日常を撮れることの楽しさを満喫している毎日です。

そんな私がビデオカメラを買うのは、まあまあ自然な流れと言えるかもしれません。しかし本当に買おうと思えたのは、結婚式より前だったと思いますが、妻の実家で観た一枚のDVDでした。
Continue reading

【ネタバレ】新海誠監督「天気の子」を観てきた。

と言うわけで観てきました。当然のように公開初日にね。前回(君の名は。)と違うのは、嫁さんも一緒だったということでしょうか…金曜日なのでレイトショーで行きましたが、まあ老若男女すごいすごい。
三割くらいの方が我々と同類、いやそれ以上の新海誠監督大好き人間に見受けられました。いわゆるオタク層ですね。そのほかは、若い人たくさん、ご年配の方もちらほら、すごいな新海誠。といった感じです。

さて、ここから先はネタバレを含みますのでご注意下さいね。
[rakuten no=”9784041026403″ kw=”小説天気の子 /KADOKAWA/新海誠”]

Continue reading

広くもない新居だけど、ロボット掃除機買ったら結構良かった

もう結構ロボット掃除機っていうと市民権を得ている家電なんじゃないかな、と思います。
代表的なのはもちろん、みなさんご存知のiRobot社の「ルンバ」でしょう。

しかしちょっとだけ高い。
役に立つかどうか解らないものにお試しで払うにはちょっと…という感じです。

現在、嫁と2LDKに二人暮らしですが、共働きでそれぞれの趣味もあるため掃除にかけている時間ももったいない感じでした。
見るに見かねて早く帰った嫁が掃除機をかけてくれたり、私がクイックルワイパーで拭いたり…していた状況が3か月くらい続きましたかね。
それでも、日ごろ目にする部分にちょっとしたゴミやホコリが落ちていたりしますし、それが気になって掃除機を出してくるのもかなり面倒です。

そこでお試しで買ってみました。ルンバ…ではなく、なんかルンバっぽいやつ。
安いので不安もありますが、レビュー見るとそんなに悪い感じじゃないですし。

[rakuten no=”0608119649310″ kw=”ILIFE V3s Pro ロボット掃除機 ホワイト”]

結果を申し上げるとこれが大成功。

タイムセールで少し安く買ったんですけど、普通の値段でも十分お買い得。
・夫婦共働き
・お家はフローリングメイン
・段差あんまりない
だったら、買った方がいいです(他の機種でももちろんイイです)

Continue reading

結婚しました

お久しぶりです。Wordpressの使い方すら忘れかけておりました。

久しぶりの更新がこのような報告というのもどうかと思いますが、これを書かずに他のネタを書いても、それは重要度的&順序にどうなの?という感じがしましたので書いておきます。

入籍したのは2018年1月3日ですので、2ヶ月が経ちましたが、まあ何事もなく平和にやっております。
正直なところBlogのいいネタになりそうなので、色々なことを書きたくはあるのですが、またの機会に。

14年前、Movable TypeとwakwakでこのBlogを始めた時には、こんな記事書くなんて思って無かっただろうなぁ。そして更新が1年半ぶりになるとも思って無かっただろうなorz

結婚して色々な固定費を見直している今、ここのサーバー維持費もバカにならんぞいぞい。

[amazonjs asin=”4101294313″ locale=”JP” title=”この人と結婚していいの? (新潮文庫)”]

【ネタバレ】新海誠監督「君の名は。」を観てきた。【追記】

青春劇が好きだ。
それも、見てる人が恥ずかしくて顔を背けたくなるくらいの、ベッタベタであまずっぱいやつ。酸っぱさ必須。

[amazonjs asin=”4041047803″ locale=”JP” title=”新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド”]

 今までの新海誠作品とは一線を画す宣伝告知の多さ、メディアへの露出の多さ。泣けるストーリーできっと大衆受けする恋愛もの。ちょっとファンタジーかな。そういうイメージで宣伝されているように思えた。ああ、きっとこれは「売れる」映画を作りに来たんだなと思った。

 地方のシネコンだというのに封切り日のレイトショーは7割埋まっている。客層は特に若い女性が多いよう。女性同士はまだ解るが男性同士で見に来てる高校生と思しき集団は大丈夫だろうか。裏を返せば、それだけ多くの人に浸透しているということである。

※以下、私のBlogにしてはネタバレ成分多め。
Continue reading

真鍮板エッチングによる1/12大洗女子高校銘板の製作

ワンダーフェスティバル2016夏はお疲れ様でした。「熊猫工務店」ブースにお立ち寄り頂いたみなさん、ありがとうございました。
とまあ、ワンフェスの詳しい記事はまたおいおい書くとして・・・
DSC_1802

今回ワンフェス向けに作成した「1/12 大洗女子学園高等学校 銘板」はおかげさまで好評を得、用意した数量を全てご購入いただけました。購入いただいたみなさん、また告知のツイートをRTしてくださったみなさん、その他アドバイスを頂いたみなさん、誠にありがとうございます。再販について何度かお問い合わせも頂き、作り手としては感慨ひとしおといったところですが、来年の話をすると鬼が笑うとも申しますし、再販のお話はここでは棚に上げてしまいましょう・・・。

今回は、エッチングによる銘板の作り方について、自分のメモ書きも兼ねて書いておこうと思います。
製作にあたって、私もネット上で色々とエッチング手法について学ばせて頂いたこともあり、自分の知り得た情報についてはさらに再発信していきたいと考えております。
というのが実に半年以上ぶりにBlogを書く理由であったりします。2016冬のワンフェスのこと(参加してました)なんか1ミリも書かないままですが、どうぞお付き合い下さればと思います。
また、今回の手法を書くに当たり、「さ、再販がめんどくさいから自分で作りなさいよね!」ということではないことを重ねて申し添えておきます。
Continue reading