Nintendo DSレビュー

Nintendo DSレビュー Nintendo DSを手に入れてから数週間が経過したので、そろそろ各ゲームや本体を使ってみての感想でも書いてみようと思う。とは言え毎日脳トレ、もっと脳トレ、英語漬け、をやるだけで時間がイッパイイッパイなわけなんだけども。マリオブラザーズなんてまだクリアすらしてねーよ!


 

 まずは「脳トレ」から。

 言うまでも無くDSをDSたらしめたと言って良い名作。ゲーム機に大人の嗜好品としての価値を見出させたこと、松嶋菜々子を起用したCMでの認知度・好感度策upの成功、どれをとっても本作は「成功」しているといえる。2500円というその価格も魅力で、ゲームソフトの「高い」というイメージを払拭し、誰でも気軽に試せる感覚を作り出した。

 さて、内容はある程度想像はつくだろうがやはり初めてやると面白いし、頭を使っているという感じがして良い。手書き文字認識技術になじみのない年齢層の方がやると、ちょっと不思議さも感じるようだ。母などは「こんなんだれが考えたんじゃろうなーすげぇなぁー」と言っていた。川島隆太教授は監修しているだけなので、システムを考えたのはやはり任天堂の中の人なんだろう。確かにすげぇ。

 トレーニングの種類はそう多くなく、「脳トレ」をやるならここから、と謳われている通り、「もっと」も発売されているが別にむこうに上位互換性があるわけじゃないので、まずは本作を買うのがいいだろう。

 

 「もっと」はトレーニングの種類が増えて、さらにボリュームアップしている。内容も手書き漢字認識に対応し、文系の方も楽しめそうな逸品に仕上がっている。こちらもおすすめ。

 

 「英語漬け」は「英語をなんとかしたい人」~「TOEIC600点」の層までにオススメな英語学習ソフト。学習といっても難しいことはなく、聞こえてきた単語や文章をタッチパッドに書き取ればいいだけ。発音は(おそらく)ネイティブなので、確かにこれをスラスラと書き取れるようになればTOEICに有利ではあるかもしれない。

 しかしトレーニングの内容が少し単調すぎて継続する気が起こらない。「マイドリル」というクロスワードなどのミニゲーム形式のものも付属しているのだが、その種類を増やすには単調にトレーニングをこなさなければならず、ちょっぴり苦痛だ。

 英語が大っっっっっっっっっ嫌いな人と、英語レベルにある程度の自信がある人にはあまりオススメできない。まさに「英語をなんとかしたい人」~「TOEIC600点」というのは的を射ているのだ。

 

 「懐かしいのに、新しい」マリオの登場。「スーパーマリオブラザーズ」の名の通り、ファミコン時代を思い出させるような2次元スクロールの画面。それでいて、新しい要素が満載でファミコン世代もDS世代も一緒に楽しめるという本作だ。キノピオの家のあるマップを進んでいく姿はスーパーマリオブラザーズ3を彷彿とさせるし、ボス戦もそんな感じがする。マップ自体の難易度はそう高くなく(とは言え何度も落ちて死んでいるのはこの私)、誰でも楽しめるだろう内容になっている。

 一方で、隠しステージやワールドがあり、やりこみ度もそれなり(SFC版を思い出させる)にあるらしい。「らしい」というのはあまりプレイしてないのでストレートクリアすらできてないからだ(´・ω・`)。

 DSが複数台あれば、対戦プレイやミニゲームが楽しめる。オマケというなかれ、これがなかなか手軽で楽しめる、小粒でピリリなものが揃っており、「マリオパーティー」などに引けを取らない出来だと思う。特にタッチペンを使って操作するものが多いので、いろんな人が楽しめそうだ。

マリオカートDS
マリオカートDS

posted with amazlet on 06.07.04
任天堂 (2005/12/08)

 ご存知国産カートレースの金字塔「マリオカート」の最新版はDSで登場した。なんとWiFi接続によるネット対戦に対応しており、世界中の誰とでも手軽に対戦が楽しめるのが売りだ。それに加えてマリオカートシリーズ過去の作品(SFC・64・GC・GBA)のコースも走れてしまうというのには驚く。なかなか粋なことをしてくれるではないか。

 さて、早速WiFi対戦とやらを試してみた。丁度我が家は無線LANがあるので、すぐに設定完了し、接続して対戦相手を待つ。このロビーはどういうシステムになっているのか知らないが、なかなか人が集まらない。やはり発売されてからそれなりに期間が経っているから、人が居ないのだろうか。

 ようやく対戦相手が3人決まっていざ勝負!!!しっかしみんな強いのではじめたばかりの私が敵うはずもなく、当然の様に最下位を記録してしまった。情けない。

 DSが複数台あれば対戦モードもできる。ソフト一枚でも対戦はできるのだが、コースの数やゲストプレイヤーの使えるキャラクターが限定されてしまうのが残念だ。やはり同じコースばかりで対戦していては飽きる。もうちょっとなんとかならなかったんだろうかと残念なところ。まぁソフトも沢山買ってもらうためにはソフト複数所持のメリットがないとダメだし、ダウンロードプレイの容量的にも限界があるんだろうが。

Tatsuya/spyral について

ぎりぎりアラサーな雇われ機械設計技術者。工作機械・航空機搭載機器・自動化ラインなど広く浅くやっております。使用可能ツールはCATIA,Inventor,Pro/E(Creo),Femapなど。 岡山県在住。大阪、名古屋に在住歴。熱しやすく冷めやすい、広く浅いオタクです。中学の頃から中二病+PCオタクを発症したままオッサンになりました。二次元ではない嫁を探しています。 ガジェット、カメラ、Android、3Dプリンタ、フィギュア造形、に興味があります。 積ん読好きです。読書目標は100冊/年。
タグ付けされた . ブックマークする へのパーマリンク.

2 Responses to Nintendo DSレビュー

  1. のみお 曰く:

    レビュー乙です!
    まじDS欲しくなったわ。
    WiFi接続とかわからんけど俺ん家の回線でもできるのかしら?
    できたらネット対戦ですぱさんとかとやりたいなぁ~(下手だけど)

  2. spyral 曰く:

    コメントありがとう。
    どうもまだエラーが出るみたいですね。すまんす。

    そういえばDS本体の感想は書いてないことに気付いたけどまぁわかるよね。旧DSよりLiteのが操作感は悪いのかなぁと思っていたんだけど、比較しないとまずわからんのじゃないかな。普通の使用ならLiteの華奢さでも十分です。でもマリオカートなんて、アクセルについ力が入っちゃうからボタンがめり込んだりしないかちょっと心配だ。

    WiFi接続は、無線LAN環境があればすぐに繋げるよ。それか、NintendoからでてるWiFiコネクタ(だったかな?)とかいうものをネットに繋がってるPC(XP限定)に接続すれば、そのPC経由で無線が繋がるよ。

    対戦中とか、ロビーとかでチャットができないのが残念だな。その点PCでも立ち上げとけばメッセ等で会話できていいかもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。