BUFFALO 「ちょいテレ」 DH-ONE/U2P

BUFFALO 「ちょいテレ」 DH-ONE/U2P

BUFFALO 「ちょいテレ」データ放送対応 DH-ONE/U2P
バッファロー (2007/02/27)
売り上げランキング: 172

 最近は寒いので、主にノートPCの方を使用しています(@コタツ)。メモリが1Gしかない上にHomePremiumなので、ちょっと動作が重いのが難点ですが、それ以外はデスクトップ使用時と遜色なく使えています。

 そこで欲しくなったのがワンセグチューナ。普通にテレビを観るのはどうも面倒というか、自分だけのプライベートな画面の中に、小さくテレビが見えるってのに惹かれまして。


 今回購入したのはBUFFALO製のもの。なぜこの機種にしたかという明確な理由はなく、単に安かったから。

 ブースタがついてるとか、2チューナとかぐらいの違いはわかるのだけど、それ以外の機種はどうも何が違うのかわからないので、これで十分じゃないのかと。そもそも電波が入らないとどうしようもないぞ。

 そこで、電器店の初売りに注目していたらこの機種が安く出ていたので注目したというわけ。
 これは安いに違いない!よし、明日は朝イチで並ぶかな、と意気込んでいたのですが…。

 なんとAmazonの通常価格の方が安かったというオチ。なんじゃそりゃあ。

 書店に続いて、電器屋も実店舗に行く必要が無くなってきたんじゃないかなぁ、と思ったり。
 でも、ポイントを考えると安かったりする場合があって気が抜けないですな。

 さて、実際に使用してみた感想を。画質なんかはワンセグなんで言及できないとして、本体も小さいし、その手軽さが良いですな。こうしてBlogを書いたり作業をしている間でも、ちょっとした番組を横目でチラリと見られるのは愉快です。EPGや字幕放送機能も便利。

 ただ、電波キャッチ能力は本体のみでは皆無に等しいのではないでしょうか。もちろん使用する地域や場所にも依るでしょうが、私の場合屋内で本体のみでは全く電波を拾うことができませんでした。標準添付の外部アンテナを使用し、窓際までアンテナを伸ばしてやることでようやく数局の電波を拾うことができました。しかしそれでも安定はせず、すべての局の電波を拾うことのできるアンテナポジションを維持するのはかなり難しいことでした。

 やはり純正のアダプタを使って、据え置きアンテナからの引き込みをしないと安定はしないかもしれないですね。

BUFFALO ちょいテレ 専用オプション DH-OP-FA
バッファロー (2007/03/31)
売り上げランキング: 1141

なぜか、F型コネクタ変換アダプタ単体よりも安い、外部アンテナ+アダプタのオプションセット。
外部アンテナは標準添付だし、アダプタだけでもう少し安くして欲しいものなんですが…。
コネクタさえあれば簡単に自作できそうではあるので、挑戦してみようかな。

Tatsuya/spyral について

ぎりぎりアラサーな雇われ機械設計技術者。工作機械・航空機搭載機器・自動化ラインなど広く浅くやっております。使用可能ツールはCATIA,Inventor,Pro/E(Creo),Femapなど。 岡山県在住。大阪、名古屋に在住歴。熱しやすく冷めやすい、広く浅いオタクです。中学の頃から中二病+PCオタクを発症したままオッサンになりました。二次元ではない嫁を探しています。 ガジェット、カメラ、Android、3Dプリンタ、フィギュア造形、に興味があります。 積ん読好きです。読書目標は100冊/年。
タグ付けされた , , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。