ランディ パウシュ:最後の授業 ぼくの命があるうちに

ランディ パウシュ:最後の授業 ぼくの命があるうちに | 螺旋日誌

最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版
ランディ パウシュ ジェフリー ザスロー
ランダムハウス講談社
売り上げランキング: 400

 著者のRandy Pausch氏は先月、膵臓癌の為にこの世を去りました。このレビューを書くと共にご冥福をお祈り致します。

 死を目前にし、科学者としてそして一人の夫/父として何が出来得るのか、それが我々若い世代の技術者への言葉がこの本には遺されています。

 書いてある内容は決して新しいことではありません。しかし、決して絵空事ではない死を正面から確と捉え続けた一人の教授の言葉としてそれを受け止めた時、今自分の優先して考えるべきは何であるのか、その指針が見えたような気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました