大崎 善生:アジアンタムブルー

大崎 善生:アジアンタムブルー | 螺旋日誌

アジアンタムブルー (角川文庫)
大崎 善生
角川書店
売り上げランキング: 16761

 「パイロットフィッシュ」に続いて読んでみる。
 同じ作者なので当然だけど、雰囲気は同じような感じ。前半は特に。いろいろな出来事をまるでフリーマーケットのように並べ立てているだけな印象。だが読み終えた後にそれら一連の出来事が、主人公の得も言われぬ感情をこれ以上ないくらいに体現していることに気づくのだ。


 そう、前半はグダグダかもしれないが後半はすさまじい勢いで魅せる。その実フィクションによくある話だ。だが恋人達の語らいの一つ一つの思い出が、いちいち格好良くて切ない。

 特に赤い月のエピソードはすごく好きだ。赤い月に気づかない方が幸せだろうか?私にもわからない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました