鶴田 謙二: おもいでエマノン

鶴田 謙二: おもいでエマノン | 螺旋日誌

 小説のコミカライズというのは、あまり上手くいっている例を見ることがないけれど、本作は至高の出来だと感じました。
 エマノンシリーズの第一話とも言える「おもいでエマノン」の物語を忠実に、かつ旅愁豊かに描き上げています。
 刹那の出会いと別れ。
 さっぱりしてて、ちょっと切ないけれど綺麗な物語です。小説を読む習慣の無い方でも、このコミックスは読んでみる価値があるかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました