デンキ街の本屋さん 1/水あさと (著)

もっこりするじゃないですか レビュー
このセリフは秀逸だと思う

デンキ街の本屋さん 1/水あさと (著) | 螺旋日誌

デンキ街の本屋さん 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

オビには「マンガを愛する書店員さんたちの青春コメディ!」とあります。
青春・・・?かどうかはおいておいて、コメディなのは間違いないです。ラブ分は控えめ。

もっこりするじゃないですか

このセリフは秀逸だと思う

だいたいこういうマンガです。
(今気付いたけど表紙とオビで眉毛の太さが違う・・・!?)

照れ顔の描写に定評のある水あさと先生の本領が至るところで発揮されております。
もうかわいいかわいい。8割方照れ顔というか赤ら顔ですのでお楽しみ頂けるかとおもいます。
あとどうも気付いてしまったのですが脇フェチ向け描写もありますね!?

とある日本の電気街に存在する書店「うまのほね」を舞台にしています。
架空の書店ではありますが、まぁ大体何のパロディなのかはお察しの通りでしょう。
個性豊かなバイト仲間たち!
誰が主人公なのかイマイチわからないけどとりあえず各話落ちてるのか!?というユルさ!
コメディだけど落ちなくても別にいいじゃないほんわか!

といった、どこかで見たようなマンガではありますが、逆に頭を使うこと無く読めるので現代人のオーバーヒート脳にオススメの1冊です。

あ、全然エロはないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました