第08講 暗闇の中のミント君

第08講 暗闇の中のミント君
第八講 暗闇の中のミント君

一瞬生首にも見えますが、これはれっきとしたミント君です。
ミント君は自らの毛のせいで、とても暑がりです。
そんなミント君は、夏がとても嫌いです。
暑い中で、とてもすやすや寝ていられるものじゃありません。
そこで彼が考え出した冷却法がこれ。床に腹を着けて寝るのです。
腹には毛がないゆえ、効率よく体を冷却できるのでは!?
それにしてもすぐ床がぬるくなるのか、ミント君はあっちへいったりこっちへいったり
いろいろ場所を変えてはペタリと寝そべります。
そんな彼の1番のお気に入りはここ。食卓の下です。
犬もやはり何か屋根のある場所がほっとするのでしょうかね。
そんなミント君は冬になるととたんに寒がりに変身。
今度の帰省ではコタツの中で眠るミント君に出会えることでしょう。

第八講 終了

Tatsuya/spyral について

ぎりぎりアラサーな雇われ機械設計技術者。工作機械・航空機搭載機器・自動化ラインなど広く浅くやっております。使用可能ツールはCATIA,Inventor,Pro/E(Creo),Femapなど。 岡山県在住。大阪、名古屋に在住歴。熱しやすく冷めやすい、広く浅いオタクです。中学の頃から中二病+PCオタクを発症したままオッサンになりました。二次元ではない嫁を探しています。 ガジェット、カメラ、Android、3Dプリンタ、フィギュア造形、に興味があります。 積ん読好きです。読書目標は100冊/年。
ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。