米澤 穂信: インシテミル

米澤 穂信: インシテミル | 螺旋日誌

インシテミル
インシテミル

posted with amazlet on 08.02.11
米澤 穂信
文藝春秋 (2007/08)
売り上げランキング: 93561

013013.png

 米澤氏にしては珍しい、「人が死ぬ」ミステリ。そうなると、期待はいやが上にも大きくなるというものだ。


しかしミステリとしては少々完成度が低いようだ。読んだ後に気づくいくつかの矛盾点をミステリと呼ぶなら大成功だが、それは反則であろう。
 ミステリという枠で捉えられたくないという著者の所思の現れなのかもしれない。事実、この作品にはミステリの事を愛しながらどこか揶揄するような印象を受ける。ミステリのことを放り出して、一つのおはなしとして捉えた場合には「よくできている」と言えるだろう。
 
 題名は意味わからない度的に秀逸である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました