森見 登美彦:有頂天家族

森見 登美彦:有頂天家族 | 螺旋日誌

有頂天家族
有頂天家族

posted with amazlet at 08.07.14
森見 登美彦
幻冬舎
売り上げランキング: 7085

 私は自称、森見氏のにわかファンだけれど、さらにその傾向が強まりそうに感じた一冊。

 今まで京大生が破天荒な言動をする作品ばかりであったが、今回は舞台こそ京都なれど、狸の家族のお話である。

 狸やら天狗やらが出てくるというと、いかにも幻想的な物語であるかのようであるが、むしろ京都に行ったら本当にそこらに狸が歩いているのでは、と思ってしまうほどの力強さを持っている。

 狸も大変なんだなぁー。とほっこりしつつ、終盤のスピード感あふれる展開に思わず涙してしまった。しかも狸のツンデレまで登場。

 この本はいい。

 簡単に読めるのに、面白くって感動する。
 最高じゃないか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました