第01講 おもちゃで遊ぶミント君

第01講 おもちゃで遊ぶミント君 | 螺旋日誌
とりあえず彼の紹介でもしよう。
犬種は「ヨークシャー・テリア」。結構人気の種類である。
彼、というからにはもちろんオスで、それでいて愛らしい。
名前はミント。この名の由来は・・・・・秘密である。
我が実家に来たのは98年の3月ごろだった。
最初犬を買うことに俺はひどく反対していたのであるが、
今では一番のお気にいりのミント君である。
それゆえ、俺が大阪に来る時はかなり寂しかったのも事実である。
たった一年のつき合いだが、ペットがこんなに可愛いものだったとは。

第一講 おもちゃで遊ぶミント君

久々に実家に帰ったとき、俺がミント君お気に入りの変なおもちゃで
遊んでやったときの写真である。我ながらうまく撮れた。
何故か彼はピンク色のおもちゃが好きだ。
廊下へ投げてやるとちゃんと俺のところへもって帰るが、
最初のスタートがかなりフライングだ。
投げる前からかなり投げる方向へ走ってしまっているため、
すぐに追いつく(というかすでに落下地点にいる)。
なので俺はたまにフェイントをかけてやるのだ。
こっちに投げると見せかけてあっちへ投げる。
するとミント君は慌ててあっちへ走っていくのだった。

第一講 終了

コメント

タイトルとURLをコピーしました